2017年 11月 の投稿一覧

ワキガの原因と脱毛でワキガの臭いを改善できる理屈について

ワキガの原因について

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇の毛穴に老廃物が溜まるほど臭いがキツくなります。

なぜなら、アポクリン腺から出る汗が脇の毛穴につくだけでなく、脇の毛穴に異物が入り込むことでワキガの原因となる臭いを放つからです。

そのため、脇の手入れを毎日欠かさず行うことで、ワキガの原因を招かずに済みます。

脱毛でワキガは治るのか

脱毛を受けることでアポクリン腺に熱によるダメージを与えて、脇汗を減らす方法もあります。
脇汗は、アポクリン腺から出る汗が少なくなるほどワキガの臭いを抑えれます。

さらに、脇の下にはリンパが集中しているので熱を帯びやすいだけでなく、脇は体温調節の役割をこなします。

他にも、脇にはアポクリン腺とエクリン汗腺があるので、汗をかきやすい部位になります。

なので、脱毛することで脇汗を減らすことは、熱による影響をアポクリン腺に与えるだけでなくワキガの臭いを改善するのにも繋がります。

また、脇毛が多いほど脇の肌の温度が保たれるので、脇毛の量が増しますが脱毛を施すことで脇毛を生えにくくできます。

なぜなら、脱毛は可視光線を肌に直接照射して毛根部分を破壊するからです。

そのため、脱毛によってワキガの原因となるアポクリン腺の汗を減らしつつ、脇の状態を清潔に保つことが可能となります。

ちなみに、脱毛はエクリン汗腺から出る汗の量を増やすこともありますが、エクリン汗腺の汗に含まれる成分は水分が殆どです。

よって、脱毛を受けた後に汗をかく量が増えても脇から出る汗の量が減ることで、汗臭いだけとなりワキガの臭いを改善できます。

自分でアンダーヘアの脱毛してる?

アンダーヘアの脱毛に関して

アンダーヘアの脱毛
脱毛は脱毛でもアンダーヘアの脱毛はちょっと他の場所とは違いますよね。

隠れている部分だけど、下着や水着などのデザイン選びを自由にするためには、脱毛で解決したいと思うのではないでしょうか?

しかし、場所が場所だけに、サロンとかで脱毛するのはちょっと恥ずかしいという人もいると思うんですね。

そこで、自分でアンダーヘアを脱毛してみるということになるのですが、どんな方法があって、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

カミソリで剃る

カミソリは価格も安いし、どこにでもすぐ手に入るので、方法としては最も手軽で簡単と言えます。

しかし、カミソリで肌へダメージを与えてしまうこともあるし、処理の頻度によっては黒っぽく色素沈着してしまう場合もあります。

また、毛が生え始めてくると先が尖っててチクチクします。

肌への負担をできるだけ抑える様に、クリームを使ったり、保湿ケアをしっかりする、頻度を少なめにして脱毛する様にしましょう。

毛抜きやワックスで抜く

毛抜きやワックスの場合は毛根から抜くという脱毛になるので、生えてくるまでの時間が剃る場合よりは長くなります。また伸びてきた時にチクチクする様なこともありません。

ただし、抜く際には痛みがかなりありますので耐えられないという人もいるでしょう。肌へのダメージもあります。

毛抜きを用いた際には、一本一本抜くので時間がかかります。

除毛クリームで溶かす

除毛クリームは塗って洗い流すだけなので、肌を傷つける心配はなく、手間もかからず広範囲を簡単に処理ができます。

ただし、表面に出ている毛を溶かすものなので、生えてくるまでの時間が短いことと、アンダーヘアの太い毛には効果が期待できない場合もあります。

肌に刺激が強いクリームの場合もあるので、肌トラブルにならない様に注意が必要です。

自分でアンダーヘアを脱毛する場合は、どの方法においても割と手軽にできて人に見られる恥ずかしさもありません。しかし、アンダーヘアの皮膚はとても柔らかくて薄いので、肌へのダメージをできるだけ避ける様に注意して行うことが大切です。

埋没毛ができる原因とレーザー脱毛による埋没毛の処理の特徴について

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、脱毛テープや脱毛ワックスによって毛を抜くことで皮膚を傷つけることで出来やすいです。

また、毛抜きも肌に刺激を与えることになるので、自己処理で毛を抜くことで毛が出てこれなくなるため、皮膚の中で毛が成長することになります。

そのため、自己処理によって無駄毛を処理する際は、毛を抜くことを意識しないことが埋没毛の対策に繋がります。

ちなみに、埋没毛が出来ている状態で脱毛テープや脱毛ワックスで毛を抜くと、埋没毛をさらに進行させることになります。

なぜなら、同じ箇所の毛を抜くことで埋没毛を悪化させることにより、肌が炎症を起こしてニキビやできるからです。

その上、肌が色素沈着を起こすことで黒ずみができるので、肌のトラブルに悩まされることになります。

レーザー脱毛を施してもらうのがお勧め

毛抜きによる自己処理で改善できない埋没毛はクリニックに行ってレーザー脱毛を施してもらうのがお勧めの処理方法となります。

レーザー脱毛は、埋没毛があっても受けることができるだけでなく、毛嚢炎や色素沈着を治療することもできます。

よって、レーザー脱毛を受けることで肌のトラブルに追われずに埋没毛を処理することが可能となります。

けれども、レーザー脱毛は肌が弱い人だと痛みを感じやすい上に、脇やデリケートゾーンの埋没毛の処理だと強い痛みを感じることになります。

とはいえ、レーザー脱毛は埋没毛をすぐに処理できるだけでなく、無駄毛を処理することができます。

そのため、クリニックで受けられるレーザー脱毛は、埋没毛と無駄毛の処理を同時に施したい人にお勧めの方法となります。

産後の脱毛をするときの保湿は徹底してもらいたい

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後の脱毛というのはどうしても肌の状態がいつも以上に敏感であることがあります。

それは徐々にマシになっていくのですが、それでも肌への配慮はしっかりとしていかないと、肌が荒れてしまうことがあるので注意しないといけません。

そして、こういったときには特に保湿への配慮が必要になります。

保湿への配慮というのは、脱毛をした後にちゃんと保湿を徹底しないといけないということです。

いつも以上に肌が敏感になっているときというのは、肌荒れの危険性が高いので、脱毛をした後というのはちゃんと保湿をして、肌をいたわってあげないといけないのです。

保湿には特に気を配る

自宅での脱毛においても同様で、むしろ自分で保湿までしっかりとやらないといけない自宅での脱毛のときには、より意識をしないといけないことなのです。

保湿をしていない、またはしているが不十分という状況では肌が荒れてしまう余地を自ら作ってしまうということになるので、肌トラブルが起きてもしょうがないと言えます。

保湿が不十分のときには、肌がヒリヒリしたりすると思うので、ちゃんと感覚の問題として、肌の保湿がどこまで行き届いているか?というのはよく分かると思います。

したがって、産後の脱毛においてはいつも以上に保湿に気を配りながらやっていく必要があるということで、そこはちゃんと認識しておいてほしいと思います。

脱毛サロンの勧誘を断る手段

脱毛サロンの勧誘について

勧誘を断る女性
脱毛サロンでは、勧誘されるがままに勢いで契約する必要がないので、勧誘を断る方が結果的に自分に合った脱毛サロンを見つけやすくなります。

けれども、話すのが苦手な人ほど脱毛サロンの勧誘を断るのが苦手なので、断り切れずに契約してしまう可能性が高いです。

そのため、契約を断る理由を伝えなくても時間がない演出によって勧誘を断るのがお勧めになります。

なぜなら、脱毛サロンに通う際は時計や携帯電話を持っていることが多いからです。

つまり、勧誘された際に時計や携帯電話を見て時間を確認することで、スタッフに時間がないお客様だと認識させるのが主な役目となります。

また、時計をつけてなくても店の時計を見て時間を確認することで、スタッフによっては予定があるかを確認してくれます。

けれども、スタッフの中にはひたすら勧誘するのでお客様の動きを確認しない人もいます。

脱毛サロンの勧誘をうまく断る方法

勧誘を断る場合は、時間を確認するだけでなく一旦自分の意思を伝えるのを追加することで、勧誘がキツくなるのを防ぎやすくなります。

なぜなら、自ら口を動かすことでスタッフが聞くのに集中するようになるからです。

脱毛を受けたいのに勧誘されるのが苦手な人であっても、断り方を知ることで自分に合った脱毛サロンを利用することが可能になります。

よって、脱毛サロンの勧誘を断る手段として、時計や携帯電話を見て時間を確認するのと、口を動かしてスタッフの口を止めることを組み合わせるのがお勧めです。