脱毛コラム

VIO脱毛をおこなうと色々なメリットが

梅雨が終わると、季節は太陽が照りつける夏へと変わります。
最近はとんでもない暑さが続くので、露出度の高い服を身につける女性も多いでしょう。

ただ、その時に注意しないといけないのが、知らないうちに伸びているムダ毛の存在です。

処理が丁寧になされていないと、周囲の人から「だらしがない」とみなされ、軽蔑を含んだ視線を向けられてしまいます。

ただ、定期的にムダ毛を抜いたり剃ったりするのはかなり厄介です。
面積が広い部位や手が届きにくいところを自己処理していると、ついつい面倒臭い気持ちになって手抜きしたくなります。

そんな人にとって助けとなる存在が、プロのスタッフがしっかりと脱毛してくれるサロンや医療クリニック。有名タレントを起用したコマーシャルがテレビで流れているので、脱毛に関心がない人でも店舗の名前ぐらいは知っているでしょう。

実は、脱毛がこれほど人気を呼び出したのは近年になってから。以前は「針をひとつひとつの毛穴に刺して電気を通し、毛根を焼く」という手間のかかる方法を取っていたこともあり、費用もとてもリーズナブルとは言えませんでした。そのせいで「カネとヒマのある有閑マダムが実践している美容法」というイメージがつきまとっていたのです。

しかし最近ではレーザー系の光線を利用した脱毛マシンが開発されたため、料金も大幅に下がりました。
脱毛人口が拡がるにつれてサロンやクリニックが次々に新規オープンし、顧客獲得のためにしのぎを削っています。

また、新技術の投入により脱毛できるパーツも多くなりました。昔はワキや脚が施術部位のメインだったのですが、いまでは腕や顔、そして「VIO」という部位も施術希望ランキングの上位に入っています。

それを聞いて「え、VIOって何? 体のどの部位のこと?」と驚く人もいるでしょう。確かに脱毛する人は急増しましたが、サロンや専門クリニックに全く縁がない女性もまだまだ多いのですから当然のことです。

そこで、このサイトを立ち上げてみました。
「VIO脱毛とはなにか?」に始まって、その料金、施術手順について紹介をおこない、あわせて脱毛一般に関しても解説しています。

「VIO」とは一体何なのか?

まず、VIOの説明から始めましょう。

いわゆる街角インタビューで「VIOとは何の意味?」と訊ねたら、「某社のコンピューターのブランド名」と答える人が結構いるかもしれません。

当然ですが、VIOとコンピューターとは何の関係もありません。

実はVIOとは、美容がらみの宣伝などで「デリケートゾーン」と名付けられた部位、つまり女性器からお尻に至る股間一帯のことです。

VIOはそれぞれ——

・Vライン(ビキニを着た時にその下縁辺りに当たる部位。太ももの付け根と股間底部のトライアングル)
・Iライン(女性器の両側の線状部位)
・Oライン(肛門を中心とする半径2センチほどの円形パーツ。別名「ヒップ奥」)

を意味します。

つまり、VIOという名称は形状の似通ったアルファベットをあてはめただけのこと。特に長い単語を略したわけではありません。

というわけで、「VIO脱毛」はアンダーヘアーの脱毛を指します。

そしてVIO脱毛に関する記事では「ハイジニーナ」という言葉もよく使われます。これは3つラインをすべて脱毛し、股間を完璧な無毛状態にすること。
ちなみに、ハイジニーナは「衛生」を意味する単語「hygiene」から作られた造語です。

「海外の映画女優やモデルの間でデリケートゾーンを脱毛するのがはやっている」というニュースが伝えられた時、その脱毛の呼び名は「ハイジニーナ脱毛」とされていました(現在でもVIOという言葉は使わず、「ハイジニーナ脱毛」という呼び名を用いているサロンや医療クリニックもあるようです)。

その時は、美容に熱心なセレブが実行している特別な脱毛、というイメージがあったのですが、それから月日が経つうちに、日本でもすっかりポピュラーになりました。

「脱毛に関心がある」という脱毛未経験者に「1番施術したいところはどこ?」と訊ねると、ワキや脚とともにVIOがきまって上位にあげられます。

ただ上で書いたようにVIOは3つの部位を一緒くたにした名称なので、実際の脱毛にあたっては各ラインを別々に減毛、あるいは無毛状態にすることもできます。

VIO脱毛の費用は最終的にどれくらい必要なのか?

脱毛しようかどうか決めかねている時、まず調べたくなるのはその費用でしょう。

脱毛と一口に言っても色々なコースがあるのですが、ここでは「VIOを全て脱毛するプラン」の施術料を紹介してみます。

まず、サロンで脱毛する場合。

有名サロンの料金は次の通りです——

毛を減らす程度にとどめる

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回で、1回あたりは9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回で、1回あたりは13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回で、1回あたりは8,640円)

完全なツルツルの状態にする

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回で、1回あたりは9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回で、1回あたりは9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回で、1回あたりは9,180円)

続いてクリニックで脱毛する場合。

有名クリニックの料金は次の通りです——

毛を減らす程度にとどめる

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回で、1回あたりは10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回で、1回あたりは12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回で、1回あたりは19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回で、1回あたりは18,540円)

完全なツルツルの状態にする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回で、1回あたりは9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回で、1回あたりは11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックに関しては、8、9回のコースなし)

こうしてチェックしてみると、サロンは回数が多く割高です。一方、普通は料金が高いとされているクリニックが意外に安いことがわかります。

このうちでは湘南美容外科が特にリーズナブルなので、料金の点で第一候補となるでしょう。

VIO脱毛に痛みがともなうのはなぜ?

あるアンケートによると、VIO脱毛の施術が痛いと思った人は、全体の90%に及ぶそうです。

痛い理由については次の2つの理由が考えられます——

・デリケートゾーンの肌が薄い
・生えているのが太い剛毛ばかり

マシンの脱毛は、毛根に熱を加えて発毛機能を弱らせます。その時、毛穴も軽い火傷を負いますが、皮膚が薄いと痛みが倍増してしまいます。

また剛毛の場合、それだけ毛根も大きくなります。毛根に熱が加わると、毛穴に接する割合も多くなり、痛みもその分激しくなってしまうわけです。

なお、サロンとクリニックでは脱毛方式に違いがあり、それが痛みにも関わってきます。

医療クリニックで用いられるのは「レーザー脱毛」。これはダイオード、アレキサンドライト、ヤグといったレーザー光を当てる脱毛方法で、いずれも威力が強烈。毛根の発毛組織を完膚なきまでに破壊します。脱毛効果は優秀ですが、その代り痛みが激しくなるわけです。

そして脱毛サロンで主流となっているのは「フラッシュ脱毛(光脱毛)」。
この脱毛方法は機種によってさらに細分化されていて、現在はIPL脱毛、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン脱毛の4種類が存在します。

これらは、いずれもパワーがレーザーほど強くありません。そのために痛みが軽くてすむのですが、特に痛みが軽微なのがハイパースキン脱毛です。

これは、発毛を促すバルジ領域という部位にダメージを与える新方式。これまでよく用いられてきたIPL脱毛よりも光の威力が弱くてすむため、痛みがさらに少なくなります。

「痛みはなるだけ避けたい」という女性には、このハイパースキン脱毛での施術がオススメです。

脱毛の施術の流れと注意事項

未経験者が初めて施術してもらう時は、色々と不安を感じるものです。

ここでそんな人のために施術の手順について説明しましょう(脱毛してくれるところはサロンとクリニックがありますが、どちらも同じような流れで施術を行います)。

まず、施術前日にやらなければならないことがあります。

それは、施術する部位の毛をあらかじめ短く剃っておくこと。

「脱毛するのになんで自己処理をやらなきゃいけないの?」と思う人もいるでしょう。

実は、脱毛で使われるレーザー系の光はメラニン色素に反応する性質を備えていて、毛にぶつかると高熱のエネルギーに変わります。もし毛が長く伸びていると皮膚の表面で熱が発生してしまい、火傷を負う危険性があるのです。

そのために、どこの部位のムダ毛でも、必ず短く刈っておく必要があります。

なお、自己処理の際はカミソリや毛抜きを使わず、電気シェーバーを用いましょう。

ハイジニーナではなく一部の毛は残す場合でも、施術の2回目から4回目くらいはすべてシェーバーで剃り上げておきましょう。その方が仕上がりが美しくなります。

続いて施術当日です。

施術に持っていくものに関しては、会員カードだけあれば大丈夫です。
ただ、施術後は肌がデリケートな状態になるため、体を締め付けるような下着や服は身につけないほうが無難です。

いよいよ施術の手順ですが、まず専用ガウンと紙パンツが渡されますので、それに着替えます。そして施術用のベッドへ。

以降は次のような流れとなります——

1.最初に脱毛部位の状態(肌の乾燥具合など)をチェック
2.問題がないようなら施術箇所を消毒
3.ジェルを塗布し、施術部位を冷やす
4.脱毛機でライトを照射
5.再び施術した部位を冷やし、保湿する

照射前と後に部位を冷やすのは、上述したように毛が高熱に包まれるため、その熱が周りに広がらないようにするためです。特にVIOはデリケートなので、この冷却措置は大切です。

照射後は冷却とともにミルクローションなどを使って保湿します。店によってはデリケートゾーン専用のローションを用意しているところもあるようです。

脱毛後、施術部位に赤みやかゆみ、あるいは腫れが生じる場合がまれにあります。そんな時は冷たいタオルを当てて、様子をみましょう。大抵はすぐに治まってしまいます。

なお、VIOに限らず、脱毛の後の肌は刺激に敏感になっていますから、以下の3つは必ず守って下さい——

・施術当日の入浴はやめ、シャワーにする
・汗をかくような激しい運動はしない
・施術した部位の日焼けは避ける

あと、保湿に気をつけることが大事です。普段使っているローションでいいので、肌をしっかりとケアして下さい。

施術後、毛が抜け始めるのはいつ?

「脱毛のため勢い込んでサロンやクリニックに出かけたものの、毛がなかなか抜けないのでイライラする」——

脱毛の口コミをネットで読んでいると、こういう文章を目にすることがあります。

勘違いしている人が結構いるのですが、脱毛の施術を受けたからといってその場で毛が抜けていくわけではありません。

毛が抜けるのは、大体の目安として、施術から2週間後です。

施術から毛が抜け始めるまでの流れは、次のようになっています——

1)ライトの照射によって毛根が損傷を受ける
2)段々と毛根が弱まっていく
3)伸びている毛を毛根が支えられなくなる
4)毛が毛根から抜け落ちていく

なお、施術が1回目の人は——

・最初ということで痛みを軽くしようとスタッフが照射のパワーを抑える
・照射のダメージを受けたことがないため、まだ毛根の発毛パワーが強い

という2つの理由から、毛が抜け始めるのがどうしても遅くなる傾向があるようです。

また、サロンの場合はマシンの照射威力が弱く、硬い毛に対して効果を上げられないことがあります。

そんな人はサロンではなく、医療クリニックでおこなっているレーザー脱毛を試してみましょう。

いかがだったでしょうか? 未経験者向けにVIO脱毛の情報を細かく紹介してみました。

もしデリケートゾーンのヘアーをよく自己処理しているという人がいたら、ぜひ脱毛にチャレンジすることをオススメします。上で記したように自己処理は肌の状態を悪くし、様々なトラブルを引き起こします。

脱毛すれば股間が衛生的にキープできるだけでなく、面倒な肌トラブルを未然に防止することができます。

足脱毛によってさらにフェミニンな魅力を

体の下半分を占めている足は、日々歩くことで自然にシェイプアップされることもあって、スタイルの端麗さがとりわけ際立つパーツです。

特に美しく伸びたシルエットは魅惑的。それを十分理解している女性は露出度の高いファッションをして、足を周囲に見せびらかしながら外を歩いているようです。

ただ自分のスラリとした足が自慢という女性でも、普段から気をつけなければならないものがあります。

それは肌一面に伸びているムダ毛の存在。

いくらシェイプアップされてフェミニンな足でも、ムダ毛によって肌合いが悪くなるとその魅力も半減します。
また、手入れがキチンとされていないことで「だらしがない」とみなされ、かえって軽蔑するような目を向けられることもあります。

「そんなこと言われなくても知っている」という人も多いでしょう。美容に気を配っている女性なら自分の肌の良し悪しにも敏感なはず。
きっと常日頃から足のムダ毛処理にも気をつけ、毛抜きやカミソリを月に数回も使っているかもしれません。

ただ、そんなムダ毛処理が、実は「美容にとって良くない」ということを知らない女性も多いようです。

ムダ毛の自己処理製品にはカミソリ、毛抜きのほかに除毛クリームもありますが、いずれも肌に刺激が強く、ずっと使っていると肌トラブルの一因となります。

肌を美しくするための自己処理なのに、色素沈着などを起こしていては本末転倒です。

その弊害を知っている女性の中には、

「自己処理なんてやめて、サロンやクリニックで脱毛をやってみたい……」

と思っている方も多いはずです。

ただ、店舗などにわざわざ出かけ、プランを選んだ上で契約書にサインするというのは、なんとなくハードルが高いもの。

また、「脱毛が完了するまでにどれくらいの日数が要るの?」、「施術の頻度は?」、「料金は結局どれくらい必要?」など、脱毛についての色々な疑問が浮んでくるでしょう。

結局、こうした疑問が障害となり、悪いと知りつつ自己処理を続けている、という女性が少なくありません。

そこでこのページで、初心者が知りたがっている情報を細かく解説していくことにしました。

以下の情報が、足脱毛に不安を感じている人の役に立てば、と願っています。

費用の点でおすすめしたいサロンと医療クリニックは?

サロンやクリニックの足脱毛については、「ひざ上」「ひざ」「ひざ下」「足の甲・指」といった細かい部位に分けた上で、個別の施術がおこなわれます(もちろん、足全体をパックにしたプランも用意されています)。

それらの料金はサロン、クリニックによって幅があるので、脱毛すると決めたら公式ホームページなどを丹念にチェックしましょう。
料金を詳細に比較検討することによって、よりリーズナブルに脱毛ができます。

では全国各地に乱立する脱毛サロンと医療クリニックの中で、特に費用の点でおすすめしたいところはどこなのでしょうか。その名前と料金を一覧にしてみました。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円[施術は6回]
・ひざ下……18,000円[施術は6回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円[施術は8回]
・足全体……48,000円[施術は8回。ひざ上・ひざ下は6回]

銀座カラー

・ひざ上……42,000円[施術は8回]
・ひざ下……42,000円[施術は8回]
・ひざ……21,000円[施術は8回]
・足の甲・指……21,000円[施術は8回]
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円[施術は8回]
・ひざ下……31,200円[施術は8回]
・ひざ……14,400円[施術は8回]
・足の甲・指……14,400円[施術は8回]
・足全体……91,200円[施術は8回]

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円[施術は8回]
・ひざ下……31,840円[施術は8回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円[施術は8回]
・足全体……95,520円[施術は8回]

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円[施術は5回]
・ひざ下……41,250円[施術は5回]
・ひざ……13,750円[施術は5回]
・足の甲・指……13,750円[施術は5回]
・足全体……92,900円[施術は5回]

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円[施術は5回]
・ひざ下……89,800円[施術は5回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円[施術は5回]
・足全体……119,800円[施術は5回]

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円[施術は6回]
・ひざ下……81,000円[施術は6回]
・ひざ……28,750円[施術は6回]
・足の甲・指……28,750円[施術は6回]
・足全体……219,500円[施術は6回]

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円[施術は5回]
・ひざ下……60,000円[施術は5回]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円[施術は5回]
・足全体……100,000円[施術は5回]

となりました。

サロンの中でもずば抜けて格安なのは、なんといってもミュゼです。ひざ上とひざ下の2つを施術しても、わずかに36,000円。2つの部位を脱毛するだけでいいなら、他のサロンよりも数万円お安くなります。

ただ、太ももからつま先まで足の全てを脱毛したいとなると、1番いいのは銀座カラーでしょう。
何しろ通い放題なのに料金は151,152円です。徹底的に足をツルツルに処理したい女性は、このプランを選びましょう。

続いてクリニックの方ですが、費用はサロンよりかなり高額になっています。その中で推薦したいのはアリシアクリニック。ひざ上、ひざ、ひざ下、足の甲・指と、足の全部を脱毛できる「足全体プラン」が92,900円です。

医療クリニックには、部分脱毛ですら40万円というべら棒な施術料をとるところもあります。
それに比べれば、アリシアクリニックの10万円以下のプランはビックリするほどお得です。

ジェイエステティックで脱毛体験を

部分脱毛は全身脱毛よりもはるかに安いのですが、足に関しては面積が広いという理由から、その料金はどうしても割高になります。

「脱毛の経験なしに、いきなり高額なコースを契約したくない」という人は、まずジェイエステティックの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」というプランにチャレンジしてみましょう。

これなら、両ワキとお好みの3パーツを脱毛できます。もちろん回数制限はあるのですが、料金はわずか300円! 
脱毛がどういうものか知りたい場合、もってこいです。

これで施術を経験した後、改めて自分好みのサロンやクリニックを見つけましょう。

脱毛完了までに、どれだけ時間がかかるのか?

足脱毛の予算については、上のセクションで見当がついたかと思います。

続いて、脱毛が終わるまで一体どれほどの時間と手間が必要なのか、説明しましょう。

サロンとクリニックの公式HPで回数&期間を調べると、以下の通りになりました——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

どうでしょう? 「考えていた以上に時間と手間がかかる」と思われたかもしれません。

実は、他の部位に比べると足というのは施術の効果があらわれやすい、と言われています。それでもこれほどの回数と日数が必要なのです。

これにはサロンやクリニックにおける現行の脱毛方法と、毛の成長サイクルが密接に関係しています。

それを以下のセクションで解説していきましょう。

脱毛に日数と回数が必要な理由とは?

まず、脱毛方法から説明します。

現在、サロンとクリニックで使われている脱毛マシンは、いずれもレーザー技術を利用したものです。肌に特別なライトを照射し、毛根部分に影響を与えて脱毛をおこないます。

このライトには「メラニン色素の黒色に反応する」という特徴があり、メラニンを含む毛に当たると熱に変わります。

この高熱が皮脂腺開口部、毛乳頭、毛母細胞といった毛根の発毛組織に大きなダメージを与え、毛の成長を阻害するのです。

「それなら1度ライトをムダ毛に当てれば脱毛終了では?」と思われるかもしれませんが、そう簡単にはいきません。
なぜかというと、ムダ毛は見た目は同一に思えても、毛根部位ではそれぞれの状態に違いがあるからです。

体毛は、生えては抜けるというサイクル(毛周期)に従いながらその量を保っています。この毛周期は3つの時期(「成長期」「退行期」「休止期」)に分かれていて、このうち施術して効果があるのは、「成長期」(毛が伸びている時期)だけです。

残り2つの「退行期」と「休止期」は毛が成長していないために、いくらライトを当てても効果がありません。

照射によって成長期の毛は1週間から2週間で抜け落ちてしまい、部位は1〜2ヶ月くらい無毛状態になります。

やがて毛が伸びるとまた施術。これを繰り返していくことで全ての毛根が弱体化し、その数が減っていきます。

このようにして発毛機能を衰えさせ、ようやく脱毛が終了するわけです。

そのため、施術が相当なスローペースになるのもやむを得ません(1〜2ヶ月に1度)。

以上、なぜ脱毛にこれほど時間が必要なのか、理解頂けたでしょうか?

サロンとクリニックの施術ってどう違うの?

現在、脱毛の施術をしてくれるところには、脱毛サロンと医療クリニックの2つがあります。

この2つの違いは脱毛方法にあり、サロンでは「光脱毛(フラッシュ脱毛)」、そしてクリニックでは「レーザー脱毛」を主に用いています。

上述したように「黒いメラニン色素に反応するレーザー系の光を利用している」という点では、サロンもクリニックも変わりません。ではどういうところに差があるのかというと、毛乳頭や毛母細胞といった発毛部位に損傷を与えるパワーです。

レーザー光というのは、フラッシュ脱毛で用いられるIPLよりも波長が長く、肌の奥に隠れた毛根にしっかりと届きます。そのため、毛乳頭や毛母細胞が徹底的に破壊されることが多く、脱毛効果が半永久的に続くのです。

それだけレーザー光のパワーは強烈なので医療行為に該当し、医師免許を取得した人でないとマシンを扱えません。

また、脱毛を完了するには日数をおいて何度も光を照射する必要があるのですが、威力の弱いIPLの場合は脱毛を終えるまで8回〜12回もかかるのに対し、レーザー脱毛なら5回〜6回で終わってしまいます。

もし少ない期間で半永久的に脱毛したい人は、レーザー脱毛をチョイスすべきです。

ただレーザーによる施術は大きなデメリットがあります。それは痛みが激しいこと——。

痛みが苦手だという女性は、新しく開発された脱毛機器「ライトシェアデュエット」を導入しているクリニックを選びましょう。
このマシンならピンポイントで毛根部位にレーザーを当てられるので、肌への痛みがこれまでより少なくてすみます。

現在ライトシェアデュエットを採用しているところには、アリシアクリニック、レジーナクリニックがあります。ぜひ公式ホームページをチェックしてみましょう。

施術の後の入浴はなぜダメなのか?

サロンや医療クリニックで足脱毛の施術を受けると、エステティシャンや医師から「今日は入浴するのはひかえるようにして下さい」と必ずといっていいほど言われます。

人によっては「別に大手術を受けたわけじゃないのに、なぜ湯船に浸かるのはダメなんだろう」と不思議に思うかもしれません。

確かに施術においてはハサミやメスなど用いないし、血など流れません。しかし、脱毛マシンで照射されるライトやレーザーは、毛穴やその周辺にある肌組織に火傷に近い損傷を与えます。

そのようなダメージを悪化させないためにも、血行が促進される行為、つまり飲酒、入浴、激しい運動などは「なるだけひかえて下さい」と言われるわけです。

ダメージが悪化してしまうと、赤みやかゆみといった軽い症状ばかりでなく、炎症が生じたりします。
そうなると皮膚に痕が残りかねません。

スタッフのアドバイスをしっかりと厳守し、術後の肌トラブルを避けるようにして下さい。

以上、初心者に知ってほしい足脱毛の基本情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

繰り返し書いてきたように、カミソリや毛抜きを使った自己処理はおすすめできません。
自分に合ったサロンや医療クリニックを見つけて、ぜひ1度脱毛してみて下さい。
施術するうち、肌の美しさにさらに磨きがかけられるはずです。

不安をなくして腕脱毛を受けてみよう

不安をなくして腕脱毛を受けてみよう

腕は人目につきやすいと同時に、ムダ毛が多く繁茂している部位でもあります。

腕は細かくいうと「ヒジ上」「ヒジ下」「ヒジ」というパーツに分かれるのですが、この中でもヒジ下には、太めの毛が全身の中でもかなり多く生えています。

ヒジ上には細い毛が生えていますが、目立つという点ではヒジ上をしのぐかもしれません。

そしてヒジは毛が密集することはないものの、時々剛毛がヒョッコリと伸びることがあります。

これらの毛の伸びるスピードはそれほど早くはないのですが、自己処理を怠っていると肌にあたってチクチクして、邪魔っけな存在になります。

イライラしないためにも自己処理は欠かせません。ただその作業はかなり大変で、「面倒臭いから、思い切ってサロンやクリニックで脱毛しようか」と考える人も多いでしょう。

ただ、そういう店や専門医院と無縁だった女性にとって、脱毛の施術を受けるというのは結構ハードルが高いものです。

「脱毛が終わるまで何回通う必要がある?」
「施術完了までの日数は?」
「痛みが伴うと聞いたけど?」
「料金は全体でいくらかかる?」

結局、こういった疑問のせいでやる気がなくなり、脱毛せずに自己処理を続ける、という女性が多いようです。

そこでこのページでは腕脱毛の特徴や料金、そしてサロンとクリニックの選び方について説明してみることにしました。

以下に述べる知識が、腕毛で悩んでいる女性の一助になれば幸いです。

自己処理用の道具・器具のメリットとデメリット

最近は脱毛がちょっとしたブームです。以前より料金がはるかに安くなり、未経験者も気軽に脱毛できるようになりました。

それでも「ムダ毛の処理にお金を出すなんてもったいない。自分でやればいい」と思っている女性も多いかも知れません。

でも、肌へどれだけ負担がかかっているかを考えると、自己処理はやはりやめた方が無難です。

自己処理で使用される道具・器具とその長所・欠点を一覧にしてみると——

カミソリ

・長所……使いやすい。短時間でムダ毛を剃ることが出来る
・欠点……角質がそぎ取られ、肌の防御機能が低下する

毛抜き

・長所……毛根ごと抜くために見た目がキレイになる
・欠点……毛穴の負担が大きく、肌トラブルを招きがち

除毛クリーム

・長所……塗って拭くだけなので簡単。広い部位もすぐにツルツルになる
・欠点……刺激が強いため、炎症を起こしやすい。ニオイが強い

電気シェーバー

・長所……肌への刺激が少なく、場所を選ばずに処理できる
・欠点……剃り残しが多く、どうしてもチクチク感がある

となります。

この中では、最もいいのが電気シェーバー。肌への刺激が最小限ですみます。
ただ短い毛が残ることが多く、太い毛質の人だと毛穴のブツブツが目立ってしまいます。

その他のカミソリ、毛抜き、除毛クリームは肌への刺激が強く、継続して使っていくと肌の状態を悪化させます。

やはり肌の美しさをキープしたいなら自己処理はやめ、サロンやクリニックで脱毛することをおすすめします。

腕脱毛することでどのようなメリットがあるの?

サロンやクリニックで脱毛してもらうと、どんなメリットが得られるのでしょうか?

1.オシャレする時もムダ毛を気にかける必要がなくなる

腕は暑い季節でなくても露出する場合があり、そこに生えたムダ毛にも他人の目が向けられがちです。
「面倒くさくてムダ毛処理をサボっていると、腕まくりした時に軽蔑するような目で見られた」という女性もいるかも知れません。

そんな目にあわないためには自己処理を続けなければなりませんが、サロンやクリニックで脱毛すればそれも不要に。
他人の視線を気にせずに好きなファッションを思う存分楽しめます。

2.時間と手間のかかる自己処理から解放される

腕のムダ毛は視界に入りやすいものです。神経質になってカミソリや毛抜きなどで2、3日置きに処理している女性もいるようですが、脱毛をすればそんな手間のかかる作業から解放されます。

3.脱毛とともに肌のケアもできる

カミソリなどのムダ毛処理製品を使用しているせいで、肌トラブル(肌荒れ、埋もれ毛、色素沈着)を起こしている人も少なくありません。

サロンで施術してもらえば、IPLという光の作用によってそれらの症状のケアが期待できる上に、保湿効果のあるアフターケアも受けられます。
脱毛とともに、肌そのものが美しくなっていくでしょう。

4.肌の触り心地がこれまで以上に良くなる

自己処理をなまけるとすぐにムダ毛が成長し、触り心地もチクチクして不快になります。

脱毛すればそれらの毛が毛根から処理されるため、ツルツルでなめらかな触り心地になります。

腕脱毛の平均費用はいくらぐらい?

腕脱毛しようかと考えた際、真っ先に心配になるのがその費用でしょう。

今、腕脱毛の料金はどれくらいなのでしょうか? 
大手サロンやクリニックのHPでその料金をチェックし、その平均を算出してみました。

その結果、サロンは——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックは——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という金額に。

この数字で判断すれば、サロンで施術を受けるのが金額的にはお得なわけですが、クリニックも意味もなく高額な施術料を取っているわけではありません。
やはりそれだけのメリットはあります。

サロンとクリニックの差については、この後の文章で紹介していますから、そちらを参考にして下さい。

現在の脱毛はどんな風におこなわれているの?

脱毛は古代オリエント時代にまでさかのぼると言われています。
やがて産業革命を経て近代に至ると、最新科学の成果を取り入れた技術が用いられるようになりました。

その中で一般に普及したのが「ニードル脱毛」(あるいは「美容電気脱毛」)という方法。
特殊な電気針をひとつひとつの毛穴に突き刺し、毛根にダメージを与える、というものです。

この方法は発毛を防ぐという点では優れているのですが、何しろ針を使うのでかなりの痛みを伴います。それに時間と手間がかかることもあって現在は廃れてしまいました。

代わって主流となったのが、レーザー技術を用いた方法。
光を肌の奥で熱エネルギーに変え、発毛組織に損傷を及ぼします。

サロンにおいては、IPL(インテンスパルスライト)による「フラッシュ脱毛」が最もポピュラーです。このIPLは高熱の力で毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部などを弱体化します。

IPLはパワーが抑制されているので、脱毛終了までかなりの期間かかってしまいます。ただ、料金はその分安く、痛みも軽くてすむ、というメリットもあります。

そして、クリニックの方でもっぱら使われているのがレーザー脱毛。波長の異なる様々なレーザー光(アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど)を当てますが、いずれもパワーが強く、発毛組織を死滅させることができます。

痛みが強いというデメリットはありますが、脱毛を短期間で終わらせたい人にはピッタリです。

サロンとクリニックはどう違う?

脱毛する際はサロンとクリニックのどちらかに通うわけですが、この2つにはどんな違いがあるのでしょうか?

それぞれの特徴をあげてみると——

脱毛サロン

・施術では「フラッシュ脱毛」を用いる
・抑毛、あるいは減毛の効果をあげる
・施術料金は安い

医療クリニック

・施術では主に「レーザー脱毛」を用いる
・永久脱毛が可能
・施術料金は高い

となります。

さらに、クリニックに関しては——

・施術パーツによってはサロンよりも安い場合がある
・医師資格のあるスタッフが施術する

などの特徴もあります。

これらを見ると「料金は高いけれど、永久脱毛が可能なクリニックがいい」という人が多いかもしれません。

ただ、「近くに脱毛クリニックがないのでサロンしか行けない」という地方在住の人もいるでしょう。

でも落胆することはありません。サロンの中には、脱毛完了後も施術可能なコースを用意しているところがあります。これなら永久脱毛と同じです。

また、薄毛だとサロンの脱毛で十分なので、わざわざクリニックに行く必要はありません。

なぜ脱毛には時間がかかるのか?

腕脱毛が終わるまでの施術の回数、及び期間はどれくらいでしょう?

一応の目安は——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

となっています。

なぜこんなに手間と時間がかかるのでしょうか? それには毛周期というものが関わっています。

毛は「成長期」「退行期」「休止期」という3つの時期を繰り返しながら古いものから新しいものへ変わっていくのですが、毛周期はそのサイクルを指す専門用語です。

腕の毛の場合も、表面に出ているものはこの3つの時期のうちのどれかで、施術をおこなった場合に効果があるのは成長期の毛に限っています。

退行期と休止期の場合、毛は毛根から離れてしまっているため、いくら光を照射しても毛根にダメージを与えることができません。

ですから成長期の毛を処理しない限り、ムダ毛は毛根の機能によっていくら抜けたとしても再び伸び始めてしまうわけです。

サロンもクリニックも、この周期に合わせた施術を2〜3ヶ月に1回のペースでおこなう必要があるので、脱毛にかかる期間がとても長くなります。

医療クリニックの場合は、サロンと比較するとトータルの施術回数は少なくてすみますが、それでも1年ほど通い続けることが必要です。

利用者によっては1年もしないうちに施術箇所がツルツルになったという人もいますが、それも一時的なもので、退行期と休止期を経て成長期を迎えるころになると、再び毛が生えてくることがしばしばです。

毛の太さなどによっても当然個人差はありますが、とにかく長期間の施術は覚悟しておきましょう。

腕脱毛でおすすめのサロンとクリニックはどこ?

腕脱毛にピッタリのサロンとクリニックを、それぞれあげてみます。

まずはサロンから——

ミュゼ

常にキャンペーンや新規特別価格などのディスカウントをおこなっているミュゼ。顧客数は現在330万人を越えるといいます。

また、店舗数、売上、満足度も業界のNo.1。電車などでその広告を見かけた人も多いでしょう。

ミュゼでは腕脱毛をうたったプランはありませんが、「フリーセレクト美容脱毛コース」の「Lパーツ」を選ぶことで、効率良く腕を脱毛できます。

これは腕、脚といった面積の大きい、目立つ部位をターゲットにしたプラン。
9つの部位から好きなところを選び、契約した回数をその部位内で振り分けて施術できます。

また、全身脱毛コースの利用によりさらにディスカウントが可能なので、腕以外の脱毛も考えているのなら他の部位と組み合わせて利用する方がお得かもしれません。

さらにイタリアのDEKA社が開発したSSC(スムース・スキン・コントロール)脱毛機を導入しているのも特徴のひとつ。

この方式は専用のジェルとクリプトンライトの組み合わせで脱毛効果を得るもので、光の照射パワーは従来のIPLよりもはるかに低いため、施術時の痛みがほとんどありません。

照射時の痛みがイヤで脱毛を避けていた人でも、ミュゼなら安心して施術が受けられます。

次にお勧めのクリニックは——

湘南美容クリニック

脱毛クリニックの中でも湘南美容クリニックは特別に有名でしょう。テレビCMを盛んに流しているので、脱毛に興味がなくても名前を聞いたことのある人は多いはずです。

ここで腕脱毛をする人は、Lパーツの「両ヒジ上」と「両ヒジ下」を選ぶことが多いようです。

この時におすすめなのは、「ポイントカード会員」や「プラチナカード会員」になること。これで料金が3%〜5%オフになるため、年会費1万円を支払ってもお得です。

また、「手足スッキリセット」というコースも設けられており、こちらを選ぶと計4箇所(ヒジ上、ヒジ下、ヒザ上、ヒザ下)の脱毛を受けることができます。

ちなみに湘南美容クリニックで特筆すべきなのは、施術にタイムリミットがない点。

ほとんどの医療クリニックでは施術の有効期限が決められていて、契約から1年ほどで施術が不可となり、あらかじめ払った費用がムダになってしまいます。

湘南美容外科クリニックではこの有効期限が設けられていません。契約した回数分だけ必ず施術することができます。

以上、いかがだったでしょうか? 腕脱毛に関する初心者向けの情報、さらにおすすめのサロンとクリニックを紹介してみました。

ぜひこのページの情報を参考にしながら、自分に向いたサロンやクリニックを探してみて下さい。
脱毛によって刺激の強い自己処理が不要となり、肌がこれまで以上に美しくなるはずです。

美しさを倍増するためにも顔脱毛を

「人間の第一印象を決める部位は?」というアンケートを取ったところ、圧倒的に「顔」と答えた人が多かったそうです。
特に男性は、顔によって女性への印象を決定しがちです。

「人間は中身で外見じゃない」と反論したい人も多いでしょうが、やはり顔の良し悪しで人の態度が変わってしまうのも事実。それだけに、誰からも見栄えがいいように熱心に肌の手入れをしてしまうのは当然のことです。

ところで、肌のケアの際に邪魔になるのが、フェイスラインや頬などに生えている産毛——。

特に鼻の下に伸びている産毛など、ヒゲに見えがちなので剃ることになりますが、そうやって自己処理を続けていると肌トラブルが起こりやすくなります。

また、化粧のノリも産毛のために悪くなりがちで、美しさに気をつけている女性にとってはとにかく厄介な存在です。

女性の中にはその悩みを解消するため、顔脱毛の施術を受けにいく人もいます。

昔、サロンの顔脱毛は料金がリーズナブルとは言えませんでした。顔は「施術が難しい」とされ、値引きキャンペーンなどでも対象外の部位だったのです。

ところが近年、効率的な施術方法が発案され、料金は手軽に利用できるレベルにまで下がっています。さらに新規サロンも値引き競争を行っていますから、施術を体験するなら今がチャンスです。

とはいっても、未経験者にとって脱毛というのは何となくハードルが高いものです。

そこでこのページでは、顔脱毛の詳細な情報やサロンの選び方について解説してみることにしました。

以下の情報が、産毛処理で悩んでいる女性の一助になれば、と思います。

現在の脱毛方法はどんなものなのか

まず最初に、脱毛の施術はどんな形でおこなわれているか、簡単に解説しておきます。

かつて脱毛の施術といえば、プローブという特殊な電気針でムダ毛の毛根をひとつひとつ焼き切っていく「美容電気脱毛」が普通でした。

これは毛根の発毛機能を破壊するという点では抜群なのですが、針を突き刺すだけに相当な痛みをともないます。おかげで、「脱毛は痛くて怖い」というイメージが世間に広まってしまいました。

現在ではこの方法は「効率が悪い」ということもあって廃れ、レーザー系の光を照射する方法が一般的になっています。

サロンで1番普及している方式は「IPL脱毛」と呼ばれるもの。インテンスパルスライトという光(フラッシュ)を肌に直接当てます。

このライトは毛根のメラニン色素に反応して熱エネルギーに変化。その熱で、毛乳頭や毛母細胞といった発毛組織に大きな損傷を与えてくれます。

最近は、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法といった新しい方式を採用するサロンも増え、施術方法も広がりを見せてきました。

これらの方式はそれぞれ「完了まで短期間ですむ」「痛みが軽い」などの長所があるので、好みに合った脱毛方法を選びましょう。

サロン次第で施術できる箇所は異なる

顔脱毛についての注意点のひとつは、サロンによって施術できる部位が違う、ということ。

あるサロンのアンケートによると、利用者の脱毛希望箇所トップスリーは、鼻の下、眉間、アゴということですが、これらの部位も施術可能かどうかは店次第です。

有名サロンの例をあげると——

ミュゼ……鼻下、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ディオーネ……鼻下、額、鼻、頬、顎

ジェイエステ……鼻下、頬、目元、口周り、顎、フェイスライン

という感じで、施術可能部位が店ごとに違います。

ということで、サロンの宣伝で「顔脱毛も可能」とうたわれていても、こちらの希望箇所が必ず脱毛できるかどうかは分かりません。

せっかくサロンまで行ったのに「そこは施術できません」と言われると腹が立つので、施術可能箇所については事前に調べておきましょう。

顔脱毛の平均費用っていくらなの?

顔脱毛を決心した時、最も心配になるのはその費用でしょう。

有名サロン20社のデータでは、顔脱毛の平均料金は「41,033円」となっています。

この金額を「高い」とみなすか「安い」とみなすかは、脱毛する人の気持ちによるでしょう。

ちなみに顔脱毛はサロンに限らず、医療クリニックでも施術を受けることができます。

こちらも平均価格を算出してみたところ「131,325円」という金額になりました。

つまり、医療クリニックで脱毛すると、サロンの3倍以上の費用が必要なわけです。

13万円以上となると「ちょっと高すぎる……」と感じる人が増えるでしょう。

ただクリニックで使うレーザーはパワーが強く、ムダ毛がずっと生えてこない「永久脱毛」が可能です。

サロンにするかクリニックにするか、迷う人も少なくないでしょう。効果と料金をハカリにかけ、自分に合致する方をチョイスして下さい。

初心者にもってこいの「お試しコース」

最近は脱毛もちょっとしたブームで、施術人口が急増。各サロンでは値下げキャンペーンを行い、新規客を引き入れようとしのぎを削っています。

多くの店が未経験者向けに設けているのが「お試し」。
サロンが初めてという人にはもってこいなので、まずはそれらのコースで施術を体験してみましょう。

もちろん、正規プランを最初から契約してもいいのですが、接客態度や技術などで不満が出てこないとも限りません。やはり、まず「お試し」からスタートするべきです。

なお申し込みは、店に電話するよりもネット経由でおこなった方がお得です。特典として料金がディスカウントされるケースもあります。

まず希望する店のサイトをチェック。そして条件・料金をチェックした上で申し込みましょう。

その後は手続き時に決めた日にサロンへ出かけ、最初にカウンセリングを受けます。料金は取られないので安心して下さい。

内容は、希望の部位や病歴の聞き取り、脱毛全般についてのガイダンス、プランの説明など。絶好の機会ですので、

「脱毛完了まで何ヶ月くらいかかるの?」
「施術に使われるマシンの種類は?」
「永久脱毛はできるの?」

など、こちらから積極的に質問してみましょう。

カウンセリングだけで初日は終了。後日、予約の上で施術してもらうことになります。

施術の時は——

・スタッフの接客態度はキッチリしているか?
・痛みがあるとしたらその程度は?
・術後、保湿ケアに気を使っているか?

などのポイントを確認しましょう。

これで合格ならそのままプランの契約に移行すればいいですし、不合格ならそのまま終了。後者の場合は他のサロンを再びチェックすることになります。

上述したように最近は脱毛ブームでサロンも急増中。自分にふさわしい店に出会えるはずです。

顔脱毛するなら「キレイモ」か「ジェイエステティック」

顔脱毛で評判のよいサロンを2つ紹介します。

まず、板野友美、ぺこ&りゅうちぇる、渡辺直美などのテレビCMで知られる「キレイモ」。

ここの顔脱毛のメリットは、施術できる部位が多いこと。他店だと望みの部位が脱毛できないためにキレイモに来た、という女性が少なくありません。

続いてオススメなのが、「ジェイエステティック」。

ここの「フェイス6」というプランは、1回の料金が2,500円。「なるべく安価に顔脱毛したい」という人には最適です。

またヒアルロン酸のジェルを用いているのも長所のひとつ。

「サロンが多すぎて目移りする……」という人は、ぜひこの2つのサロンをチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛の基本となる情報を紹介しました。

これ以降は、脱毛を続けるうちに感じる疑問点や、注意すべきポイントについて述べていきましょう。

脱毛と歯の治療は両立できる?

脱毛というのは思った以上に長い期間が必要で、お店に数ヶ月も通うため、その間に虫歯など歯の治療を受ける人もいるかもしれません。

そんな場合、同じ週に脱毛と歯の治療がバッティングすることもあるでしょう。「何か問題があるのでは?」と気になってしまいます。

実際にサロンで訊ねたところ、「通常の歯の治療なら大丈夫」とのこと。

ただ歯医者で処方された痛み止めについては、注意が必要となります。

実は、一部の痛み止めには「光線過敏症(光過敏症)」という症状を引き起こす成分が含まれています。
この症状は光の照射(フラッシュ)によって、むくみ、かゆみ、水ぶくれ等が起こる過敏反応のこと。

うっかり痛み止めを飲むとこの症状を誘発する恐れがあるため、施術を受けることができなくなります。

「大丈夫だろう」と独り決めして施術に臨み、重篤な症状が出てしまうとお店にも迷惑ですから、痛み止めを摂った場合は、必ずスタッフに申告するようにしましょう。

また、脱毛と並行して歯列矯正を行っている女性もいるかもしれません。この場合、光が矯正器具に当たると熱が生じるケースもあるので、やはり口周辺の施術は後回しにした方が無難です。

ただ、矯正器具がセラミックやプラスチック製だと、施術にあたっても問題ありません。

このように複雑な条件が考えられるので、必ずスタッフの人と相談しながら施術を受けて下さい。

ニキビができると脱毛は無理?

脱毛の施術は毛穴に高熱が生じるので、人によっては体調に変化をきたす場合もあります。そのため、施術については色々な条件が設けられています。

例えば、肌が異常に乾いていると施術できません。またムダ毛をキッチリ剃っていない場合も、その部位の施術は不可能です。

では、ニキビができたせいで施術が不可、ということはあるのでしょうか?

調べてみるとそんなことはありません。ほとんどのサロンで施術は可能です。

というのも、サロンで使われている光脱毛器は、以前エステで美肌用マシンとして使用されてきたもの。肌に光を照射しても悪い影響を及ぼすことはないからです。

マシンで照射されるIPLという光は、メラニン色素に反応して熱エネルギーに変化し、毛根に破壊的な損傷を与えます。ニキビやニキビ跡は素通りするので、高熱が発生することなどありません。

ただ炎症の程度がひどいと、照射によって症状に影響が出ることがあります。施術するかどうかは店の人の判断に委ねて下さい。

スムーズに施術をおこなうためにも、ニキビはしっかり治しておきましょう。

施術の影響で、シミやそばかすができる?

現在、サロンやクリニックで脱毛に使用されているのは、メラニン色素に反応するレーザー系の光です。

「そんな特殊な光を肌に当てたら、紫外線と同じようにシミなどができるのでは?」と不安を感じる女性もいるかもしれません。

確かに紫外線による日焼けは、肌トラブルの主要原因のひとつです。サロンのIPLも強烈な光なので、日光と同じように肌に悪影響があるのでは、と思い込みがちです。

しかし上述したように、サロンの脱毛マシンはエステで肌治療のために使われてきたもの。肌に対してひどいダメージを与えるものではありません。

「でもネットを見ると『顔脱毛を続けたせいでシミができた』っていう口コミが投稿されているけど?」と反論する人がいるかもしれません。

このことに関しては、2つの理由が考えられます。

まず、深層に潜んでいたシミが、ターンオーバーが進んだせいで肌表面にあらわれた、というもの。

施術の刺激で新陳代謝が促進され、奥に隠れていたシミが表に出てくることは珍しくありません。

ただ、ほとんどのシミはターンオーバーがさらに進行することで消えてしまいます。

あと施術の熱によって乾いた肌に傷がつき、それが痕になってしまう場合。これをシミだと勘違いする人がいます。

いずれにせよ、脱毛が直接の原因で傷・シミができるわけではありません。安心して施術を受けましょう。

サロンに行く際は、メイクをしてはいけない?

初心者にとって、脱毛にまつわる不安要素のひとつは、

「サロンに出かける時は、スッピンでないといけないのか?」

ということ——。

「素顔でも全然問題なし」という10代の学生ならともかく、普段メイクなしではいられない女性にとって、「サロンに到着するまでスッピンでいろ」というのは結構ハードな行為です。

結論を先に書くと、化粧をしてサロンに出かけても大丈夫。

サロンには化粧を落とせる専用ブースがありますし、店によっては、スタッフがサービスでメイク落としをやってくれることもあります。

ただ、いくら設備やサービスがあるからといっても、あまりにガッチリした化粧をしていくと、それをオフするのに時間がかかります。

化粧は抑えめにし、ムダに時間を費やさないようにしましょう。

以上、顔脱毛に関する情報や、おすすめのサロンについて書いてみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、自分に合ったサロンを見つけて下さい。
顔脱毛をおこなうことで、肌のコンディションも良くなっていくはずです。

脇脱毛がおすすめ

ワキの美しさのためにも脱毛がおすすめ

最近の夏の気温は熱帯並み。容赦なく照りつけてくる陽光の下では、「ノースリーブではないと耐えられない」という女性も少なくないでしょう。

ただ、その時に気を配る必要があるのがワキに生えたムダ毛です。

処理をしっかりおこなっていないと、うっかり腕を上げた時に他人に見られてしまい、とんだ恥をかく羽目になります。

ただ、ワキ毛の処理を続けるのはかなり大変です。カミソリで剃っていると1日怠けただけでブツブツが目立ちますし、毛抜を使うと痛みを伴い、処理自体が億劫になります。

「自己処理が面倒だし、思い切ってサロンで脱毛しようか」

思わずそう考える人も少なくないでしょう。でも脱毛初心者にとって、サロンで施術を受けるというのは結構ハードルが高いものです。

「脱毛が終わるまで何回サロンに通う必要があるの?」
「完了するまでの日数は?」
「痛みがあると聞いたけど本当?」
「最終的に料金はいくらかかる?」

結局、これらの疑問のせいで何となく面倒くさくなり、サロンへは足を向けずに自己処理をやっている、という女性が多いようです。

そこで疑問に答えるため、このページではワキ脱毛の特徴や費用、そしてサロンの選び方について説明してみることにしました。

以下に述べる情報が、ワキ毛で悩んでいる女性の助けになれば幸いです。

「脱毛」ってそもそもどんなもの?

ワキ脱毛について色々述べていく前に、「そもそも脱毛とはどういうものか?」ということを説明します。

サロンや医療クリニックでの「脱毛」と聞くと、一体どういうイメージを持たれるでしょうか?

「特殊な針のような器具で、毛を1本1本抜いていく?」と答える人もいるかもしれません。

実際、少し前まではそんな原始的な方法を取っていましたが、現在ではもっと技術が進んで効率化が図られています。

あと大事な点は、施術の対象となるのが毛そのものではなく、肌に隠れた毛根部分だということ。

サロンやクリニックでは特別な機器が導入されており、それで光を照射し、毛根にアプローチする、という方法をとっています。

用いられる光は大別するとIPL(インテンスパルスライト)とレーザー。前者はサロン、後者はクリニックで使われています。

どちらの光も黒いメラニン色素にぶつかると、そこで熱に変化するという性質を持っています。

具体的にいうと、ムダ毛の生えている肌に光を照射。
すると毛根が高熱を帯び、毛母細胞や毛乳頭といった発毛組織が大きな損傷を被るのです。

これは脱毛の歴史上、画期的な発明でした。
おかげで施術は手軽なものとなり、脱毛人口も一挙に増加。
近年ではVIOなどの特殊な脱毛をする女性も多くなっています。

その中でもワキは最もポピュラーな部位。やはり、夏になると見られる機会が増えるので、「処理をするなら最初にワキから」と考える人が多いのでしょう。

また、ワキは汗腺が集中している部位です。そのために汚れや老廃物が他の部位より溜まりやすく、毛のう炎、埋没毛(埋もれ毛)などの厄介な症状が生じやすいと言われています。

ワキ肌の良好なコンディションを保ちたいなら、早めにムダ毛を脱毛し、肌に刺激の強い自己処理はやめてしまう方が無難です。

ワキ脱毛の詳細(施術回数、費用、痛みの有無)について

上に述べた説明で、ワキ脱毛のメリットがお分かりになったと思います。

「すぐにサロンに通いたくなった」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンと契約して施術するとなると、以下のような点が気になるかと思います——

・何回施術が必要なのか?
・料金の相場はどれくらいなのか?
・施術時に痛みはあるのか? あるとしたらどれくらいか?

以上の疑問点について、ひとつずつ説明していきましょう。

まず施術回数についてです。実はムダ毛を完璧に処理し、何年も無毛状態をキープするには、1、2回くらいの施術では終わりません。
思った以上に長い日数がかかります。

特にワキというのは、剛毛が集まって生えている施術しにくい部位。さらに、他の部位よりも毛根が深く、施術の回数がどうしても増えてしまいます。

もちろん個人の体質やサロンによって差はあるのですが、完了まで施術は12回〜18回必要でしょう。

続いて料金について。これはサロンによってバラバラです。お金持ちの顧客の多い高級店の中には、短時間の施術で驚くような料金を請求するところもあるとか……。

ただ、ワキ脱毛は初心者向けのプランが多く、料金も高くありません。

「その中でも特に格安のところはないだろうか」と思って調べてみると、ぜひ推薦したい店がありました。

それは「ミュゼ」。全国展開しているチェーンサロンです。

オススメは何といっても「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」。料金はわずか100円です。これだけの値段で脱毛できるところは他にはありません。

なるべくリーズナブルに脱毛をしたい、という初心者にはもってこいです。

最後に、施術での痛みについて。

上述したように、現在サロンではIPLという光(フラッシュ)を使って脱毛を行います。

このIPLは黒いメラニン色素にだけ反応し、熱エネルギーに変わる、という性質を持っています。毛根にはこのメラニンが含まれているため、IPLを浴びると毛乳頭、毛母細胞といった組織が高熱に包まれ、発毛が阻害されます。

この方式は非常に効率的なのですが、欠点もあります。高熱によって脱毛するため、周辺の皮膚も火傷状態となり、痛みが生じてしまうのです。

もちろん、火傷といってもごく軽いものにすぎません。ただ、施術の度に多少不快な思いをするのは確かです。

そこで、そのIPL方式のデメリットを補うため、SSCという新しい方式が案出されました。

SSCではIPL方式に使われるキセノンランプではなく、クリプトンライトを用います。

キセノンランプはそれだけで脱毛効果を発揮しますが、このクリプトンライトというのは単独では毛根に効果はありません。

ではどうやって脱毛をおこなうのかというと、まず専用ジェルをムダ毛に塗ります。

ここにクリプトンライトを当てればIPL方式と同様に毛根部分が弱体化し、発毛を抑えることができるのです。

SSC方式の1番のメリットは「光のパワーを弱くしても効果が上がる」ということ。専用ジェルと組み合わせることで毛根に影響を与えるので、光を強くする必要はありません。これで肌へのダメージも少なくなり、痛みが軽くなります。

実は、上述したミュゼはこのSSC方式の脱毛機器を使っています。

「痛みがイヤなので脱毛サロンへは行かない」という女性もいるようですが、ミュゼなら安心して脱毛できます。

ワキ脱毛で失敗しないためのポイント

「ミュゼなら料金も安く、脱毛のときも痛くない」と書きましたが、近くにその支店がない、という人もいるでしょう。
そんな場合、他のサロンと契約しなければなりません。

ただ近年、脱毛人口が急増しているため、新規サロンが次々と参入しています。
店が多すぎて、初心者はどこにすべきか迷ってしまうでしょう。

また、サロンの色々なプランにしても条件が複雑で、どれを選べば本当にリーズナブルなのか判定がしずらくなっています。

そこで、サロンと契約する際の注意ポイントを3つあげてみます。

施術が無制限のプランを選ぶべき

脱毛についてはまだまだ正確な知識を持たない人が多く、たとえば1、2回施術すればその部位のムダ毛は永久に生えてこない、と勝手に思い込んでいる方がいるようです。

もちろんそれは間違い。頑固なムダ毛の脱毛は、施術を1、2回おこなったくらいでは不可能です。
確かに施術してから1ヶ月以内に部位はツルツルの無毛状態になりますが、さらに時間がすぎれば毛は再び生えてきてしまいます。

脱毛を完璧におこなうには、数ヶ月から数年、レーザーやIPLといった光を根気よく照射していかなければなりません。

しかもワキのように剛毛が集まって生えている部位では、施術回数が12回〜18回に及ぶのが普通です。

ですから、施術回数が少ないプランを選んでしまうと脱毛が完了せず、施術を追加でおこなうことになります。

そうなると料金も一気に高くなり、思った以上の散財になりかねません。

そんな事態を防ぐために、最初から施術回数が多いコースを選ぶようにしましょう。

契約前、返金制度や施術期限をきっちり調べる

サロンと契約を交わすと、そこに約3年通うことになります。

しかし施術を続けるうちに、接客態度や脱毛効果について不満を覚えることもあります。
それが目に余るようになると、契約を打ち切りたくなるでしょう。

中途解約を申し出ると、サロンの方では露骨にイヤな顔をします。契約をタテにして、返金をケチるところも少なくありません。

不快な思いをしないためにも、中途解約の可能性がある場合、事前に契約の条項をチェックしておくことが大事です。

またサロンによっては、施術期間に時間的なリミットを設けていることがあります。
うっかり期限が過ぎてしまうと、料金を払ったのに施術できない、という事態になりますので、これも契約する前に調べておくべきです。

施術後のケアに力を入れているサロンにする

夏になるとワキは露出の機会が増えますから、ムダ毛処理ばかりでなく、黒ずみなどもケアしたいものです。

そのために欠かせないのは、肌の潤いをしっかりと保つこと。

脱毛サロンの中にはそのことに配慮し、施術後の保湿サービスに力を入れているところもあります。

こうした気配りのあるサロンなら美肌ケアも期待できるので、一挙両得です。

脱毛サロンと医療クリニックはどう違うのか?

ワキ脱毛は、脱毛サロンだけでなく医療クリニックでもおこなっています。この2つには何か違いがあるのでしょうか?

実は脱毛の原理に関しては同じです。サロンでもクリニックでも、肌に特別な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を直接当てます。
そして熱エネルギーにより、発毛を司る組織(毛母細胞、毛乳頭など)に損傷を与えるのです。

ではどこに差があるのかと言うと、その光のパワーです。

レーザー光は、サロンのIPLの何倍にも及ぶ破壊力を持っています。毛根組織は徹底的に破壊されるため、いわゆる「永久脱毛」も可能になっています。

また、IPLの場合、完了まで10回以上施術が必要なのに対し、レーザー脱毛なら数回ですみます。

もし「脱毛をなるべく早く終えたい」と考えているなら、医療クリニックに行く方がいいでしょう。

ワキ脱毛はなぜ安いの?

ワキ脱毛は料金がリーズナブルなのが特徴。初脱毛でワキを選ぶ女性が多いのは、その安さのせいもあります。

では、なぜワキ脱毛はそんなに安いのでしょう?

まず考えられるのは「ワキの面積が狭い」ということ。

実は脱毛料金は面積に応じて決められることが多く、その点でワキは元々安価なバーツというわけです。

第2の理由は、サロン側の”戦略”。

初心者はまずワキ脱毛をおこなうため、「その料金を抑えれば、施術へのハードルがさらに低くなる」と店側が考えているのです。

ワキは料金が格安な上に、脱毛技術もすぐ分かるところです。その点でも、最初の施術はワキに決めましょう。

完了後、効果に満足できない時は?

やっと施術が終わったものの、その効果に満足できない——。そんな場合、もちろん施術を続行できますが、追加料金が馬鹿になりません。

それがイヤなら他の店に乗り換えるのもいいでしょう。ただ、再びカウンセリングから始まるので、時間と手間がムダになります。

こんなことを避けるには、最初の契約時から値段の高いプランを選び、施術回数・期間に余裕をもたせましょう。

「脱毛の後、ワキ汗の量が増えた」って本当?

最後に、脱毛後の”ある現象”について、書いておきます。

実はネットで「ワキ脱毛」をチェックすると「脱毛後、ワキ汗の量が増えてしまった」という口コミが何件か出てきます。

そんなことが、実際にありうるのでしょうか?

答えをまず述べましょう。——こんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗が増えた」と勘違いする人がいるのは事実のようです。

調べてみると、

「脱毛完了後、これまでワキ毛で止められていた汗が肌を伝うようになり、汗の量が増えてしまったと錯覚する」

ということのようです。

つまり、肌の感覚による誤解にすぎません。汗の量は脱毛前と同じなのです。

時間が経てばその感覚も普通になり、違和感も覚えなくなるでしょう。

以上、ワキ脱毛の詳細やサロンの選び方などについて、様々なポイントから紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考にしながら、自分に合った脱毛サロンを探して下さい。

脱毛が成功すればワキへの他人の視線も気にならなくなり、肌のコンディションもきっと改善されていくはずです。

脱毛サロンに通う際のメイクは?

脱毛サロンに通う

脱毛サロンに通う時、メイクはどうするの?

毛が濃い体質だと、顔にも盛んに産毛が生えてしまいます。

「産毛が唇の上に生えていて、それが光の加減でヒゲに見えてしまう。ずっと自己処理をしているけど、その手間がすごく面倒」

そういう女性も少なくないはずです。

また、化粧をする際も産毛が多いとノリが悪くなります。

このように美容に関心の高い人にとって、産毛というのは単なる邪魔物でしかありません。

そんな人の中には意を決して、サロンで顔脱毛をしようという方もいます。

最近は脱毛ブーム。以前の顔脱毛はキャンペーンの対象外というケースが多く、その料金も割高でした。ところが、ここ数年はディスカウントが盛んで、手軽に施術できるようになっています。

実際に顔脱毛をしてもらう場合、手続きとしてはまず「通うサロンを決めて店で契約をすます」。
次に「予約を取って施術に出かける」ということになります。

ここで心に浮かぶのが、「顔の施術を受けるわけだから、サロンに通う時はノーメイクじゃないといけないのでは?」という疑問——。

肌がキレイで、すっぴんでも見栄えのする10代の高校生ならともかく、普段からメイクを念入りに行う女性にとって、サロンに到着するまでずっとノーメイクでいるのは結構大変なことです。

先に結論をいってしまうと、メイクしてサロンに出かけても問題はありません。

脱毛サロンには専用のブースが設けてあるので、そこで化粧を落とすことが可能です。また、スタッフの人がサービスとして施術前にメイクを落としてくれるサロンまであります。

ただ、いくらメイクをサロンで落とせるからといっても、濃い化粧をしていくと、オフするだけで手間が取られます。

いつもよりも薄いメイクにし、時間の余裕を持って施術してもらうようにしましょう。

熊谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛で麻酔は使えるの?

サロンでも使用される

脱毛で麻酔は使えるの?

脱毛サロンでの施術というのは、以前ほどではありませんが、やはり多少の痛みをともないます。

施術で使用されるのは、光脱毛機。これはフラッシュ脱毛の別名を持ち、その名前の通り、カメラのストロボのような光を肌に照射して脱毛処理をします。

機器にも色々な種類があるのですが、現在最も多くのサロンで使われているのがIPL脱毛機です。

IPLというのは、intense pulsed light(インテンスパルスライト)の略語。もともとエステサロンで、毛穴の引き締め、くすみ、赤ら顔、ニキビ痕などの改善のために用いられていたのですが、ムダ毛処理にも効果があるということが実証されたため、2000年代以降、脱毛サロンでも使用されるようになりました。

IPLには黒いメラニン色素に反応する性質があるため、ムダ毛に照射すると熱エネルギーに変わり、毛乳頭や毛母細胞といった組織に損傷を与えます。このことで毛が延びるのを阻止するわけです。

ただ毛根部分が高熱に包まれるために、その熱で毛穴や周辺の皮膚も軽いやけど状態におちいります。施術の際に痛みをともなうのはこのせいです。

では医療クリニックではどうかというと、こちらはレーザーを使った施術が主流。

以前は毛穴のひとつひとつに針を刺していく美容電気脱毛(ニードル脱毛)という方法が行なわれていましたが、さすがにこれは痛みが強すぎるため、レーザー脱毛が普及すると共に一部で使われるのみとなりました。

レーザー光は針よりもマシとはいえ、サロンのIPLよりも痛みは激しくなります。
ただクリニックなら医療機関ということで麻酔が使用可能。
施術の痛みを抑制できますから、「痛い思いはイヤ」という人はクリニックで脱毛する方がいいかもしれません。

熊谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ

未成年の脱毛について

未成年

未成年でもサロンで脱毛できるの?

女の子もハイティーンになると体は大人並み。ワキ、手足、背中などのムダ毛も目立ち始めます。
いちいちカミソリなどで自己処理するのも面倒で、「脱毛サロンや医療クリニックに通いたい」と考える子もいるでしょう。

では高校生のような未成年でも、脱毛の施術は受けられるのでしょうか?

最初に答えをいいますと、施術してもらうことはできます。ただ条件があって、それにクリアしなければなりません。

まず絶対に欠かせないのが、「親権者同意書」——。

脱毛の施術というのは日数がかかることもあって、決して安いとはいえないものです。サロンやクリニックとしても、支払能力を備えた保護者がいるかどうか、確認する必要があります。

また、施術そのものも体に結構負担をかけます。マッサージのような手軽な気持ちで受けるべきものではありません。監督責任のある親がそのことを承知しているのか確かめないと、あとでトラブルに発展しがちです。必ず同意書が必要なのは、それを回避するためでもあります。

以下に列挙したサロンと医療クリニックは、親権者同意書だけで施術ができます(カッコ内は電話確認の有無)——

・ミュゼ(あり)
・コロリー(あり)
・エピレ(あり)
・ディオーネ(あり)
・TBC(あり)
・キレイモ(なし)
・銀座カラー(なし)
・シースリー(なし)
・脱毛ラボ(なし)
・恋肌(なし)

上記のすべてのサロンが公式サイトを設けているので、そこから同意書の用紙をダウンロードできます。

なお、エピレ、TBC、恋肌については、同意書があっても15歳未満は施術はできません。

ムダ毛コンプレックス解消のために脱毛してもらうのは悪いことではないのですが、上述したように施術は体に負担をかけます。
よく考慮した上で契約する方がいいでしょう。

熊谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の知識 バルジ領域

組織を弱体化

SHR脱毛のメリットとは?

現在、脱毛サロンで採用されているIPL方式の光脱毛機は、照射によってムダ毛の毛根部分に高熱を加え、毛乳頭や毛母細胞などの組織を弱体化します。

ところが最近になって新機軸の脱毛法が現れました。

それが「SHR脱毛」です。

これは、バルジ領域(毛根部分の一部であり、毛乳頭よりも浅い場所にある)にダメージを与え、発毛を阻害するというもの。

このバルジ領域には、発毛に必要とされる細胞が蓄えられています。毛乳頭や毛母細胞はここからその細胞を受け取り、毛を延ばすのです。

つまり、毛乳頭や毛母細胞があったとしても、毛の元になる細胞が供給されなければ毛は生えません。いわばSHR脱毛は「毛の卵」を死滅させる脱毛法なのです。

SHR脱毛のメリットは何点かありますが、まず第一にあげられるのは、「高熱を加えなくても効果がある」という点。

これまでIPLによる施術では痛みがどうしても伴いました。特に剛毛や敏感な部位では痛みがひどくなり、それがイヤで脱毛をあきらめる人までいたくらいです。

ところがSHR脱毛は毛根に高熱を加えず、肌でも耐えられる温度で温めるだけです。そのため敏感な部位でも簡単に施術できますし、痛みはIPLよりもはるかに軽減されます。

また、IPLは成長期の毛だけにしか効果がありません。成長期を待って光を照射するため、どうしても脱毛完了まで日数がかかっていました。

SHR脱毛の場合、表面に出てきていない毛にも効果があるため、施術完了までの期間が短くてすみます。そのため、以前よりも早く効果が実感できるのです。

数々のメリットを備えたSHR脱毛。痛い脱毛を避けたい人は、SHR脱毛を行っているサロンを利用してみてはいかがでしょうか。

熊谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ

ブラジリアンワックスで脱毛 

現在主流になっている

ブラジリアンワックスってどんなもの?

サロンでの脱毛方法で現在主流になっているのは「美容ライト脱毛/光脱毛」ですが、脱毛完了まで日数がかかるのが難点です。

「もっと手軽に脱毛したい」という人向けに行なわれているのが「ブラジリアンワックス脱毛」。

ハチミツや砂糖をベースに作られたワックスを温め、それをシートに塗ります。それをターゲットとなる部位に貼りつけ、しばらく時間を置いてはがすだけ。特殊な機器を使う光脱毛よりもグッとお手軽です。

欧米では昔からこの方法で脱毛をする人がいたようですが、ポピュラーになったのは、1987年にニューヨークの美容サロン「J. Sisters Salon」が「ブラジリアンワックス」という名前で施術を始め、セレブたちがしきりに訪れるようになってからです。

日本では近年までなじみがありませんでしたが、「セックス・アンド・ザ・シティ」というドラマで取り上げられたことで注目され、最近ではアンダーヘアの脱毛方法としてよく使われています。

ただ注意してほしいのは、ブラジリアンワックスは「永久脱毛」ではない、ということ。

クリニックで医療レーザーによる施術を受けると、毛乳頭や毛母細胞が破壊されるために毛は生えてきませんが、ブラジリアンワックスはワックスによってムダ毛を抜く方法なので、毛根は一時的になくなっても死滅していません。したがってしばらく経つと毛は元気に再生してきます。

では、一体どれくらいツルツルの状態が続くのかといえば、2週間から3週間ほどだといわれています。

ただこれには個人の体質が関わっていて、毛が太い人なら1週間くらいでもう毛が目立ち始めることもあります。

とにかく1ヶ月も経つと必ず自己処理が必要になるので、気をつけておいた方がいいでしょう。

熊谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ