医療脱毛クリニックを上手に選ぶためのポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女性・男性問わず、肌を美しく保ちたい、という人にとって、ムダ毛は邪魔っけなものです。
特に腕や脚などの部位は露出が多いため、常に手入れしておく必要がありますが、自己処理は面倒だし皮膚を傷つけます。

ベストの対処策は、ムダ毛のことを熟知したプロの施術を受けること。そうなると足を向けるところは2つに絞られます。脱毛サロンと医療クリニックです。

以前は芸能人を起用して派手な宣伝をおこなっているサロンがやはり人気だったのですが、近年は医療クリニックのメリットも喧伝されるようになり、どちらにするか迷う、という人も多くなっています。

そこで、このサイトではそんな脱毛志願者のために、医療クリニックの特徴や魅力を多方面から紹介してみることにしました。メリット・デメリットはもちろん、たくさんある医院の中からどこを選ぶか、そのポイントについても説明していきます。

クリニック脱毛の際立った特徴とは?

クリニック脱毛
マシンを使って専門家が脱毛をおこなってくれるのは、現在のところサロンと医療クリニックの2つしかありません。
もしクリニックに足を運ぶなら、事前にその特徴を理解しておいた方がいいでしょう。

1)レーザーの特性を活かして脱毛する

医療クリニックの脱毛は、サロンよりも効果的だと言われています。なぜかというと、クリニックのマシンは、サロンでは使用不可となっているレーザー光線を照射するからです。

レーザーによる脱毛理論が発表されたのは1983年のこと。ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所にいたR・ロックス・アンダーソンが、科学雑誌「サイエンス」にその論文を掲載しました。その「選択的光熱凝固理論」は、古代オリエントの時代から続いてきた脱毛の歴史でも革命的な発見となりました(ちなみに、アンダーソンは後にタトゥーを消す特殊な染料も発明します)。

それまで最もポピュラーだった脱毛方法は、針状の電極(プローブ)を毛穴に刺す「ニードル脱毛」(「美容電気脱毛」)でした。これは1875年にセントルイスの眼科医チャールズ・ミッチェルが考案したもので「電気分解脱毛法」と呼ばれています。刺された電極から微弱な電流を通し、発毛を促す毛包という組織を凝固化します。

この方法は当時としては画期的でアメリカでは大いに使われたようですが、なにしろ小さな毛穴に1本1本プローブを挿入していくために非常に手間が必要で、それだけ料金も高くなってしまいます。
しかも電流を流すということで施術時の痛みもかなり激しく、客は時間と痛みという点で相当な我慢を強いられます。

この状況を劇的に変えてしまったのが、レーザー脱毛の発明でした。

レーザー脱毛は、マシンのビームスポットからレーザーライトを発射し、毛に3%含まれるメラニン色素に局所的に反応します。レーザーは単一の波長を持ち、他の光線と違って射出された方向にどこまでも直線を描いて進みます。また指向性が高く、小さなパーツに集光することができるため、破壊力も抜群です。

そしてもうひとつ他に類を見ない特性は、波長に応じて1つの色のみに作用する、という点。
つまり、黒、赤、青といった色がついたモノにレーザーを照射すると、それだけで甚大な損傷を与えられる、ということです。

脱毛においては、黒だけに反応するように媒質や光学素子によって波長を700ナノメートルから1000ナノメートルに調整。周辺の皮膚組織には害を及ぼさないため、肌へのダイレクトな射出が可能です。

メラニン色素に吸収されたレーザーは摂氏65度から70度くらいの熱を生み出すのですが、この高熱が毛包の幹細胞を破壊し、毛の産生を防ぐわけです。

施術も極めて単純で、波長をアレンジしてレーザーライトを発射するだけ。照射口であるビームスポットの直径はほんの数ミリですが、1回あたりのレーザーの照射は100分の1秒しかかからないため、迅速な処理が可能です。
プローブを毛穴に挿入するような面倒な作業はいりません。

初期の頃は、ルビーを媒質に使った光線しかありませんでしたが、これは白人向けのもの。まもなく黄色人種向けのアレキサンドライトが開発され、日本でも使われ始めました。現在はYAG、ダイオードなど、多種の媒質を用いたレーザー光線がそろっていて、個人の毛質に合わせて選択できるようになっています。

2)「永久脱毛」ができる

脱毛の詳細については、まだまだ世間に浸透しているとは言えず、「1度光を照射すれば、その部位は何十年もツルツルのままだ」と思っている人がいます。

もちろん、それは間違っています。毛の産生をつかさどる毛包は頑健な組織で、1回きりの照射ではそれほど損傷を受けません。

また脱毛においては、発毛サイクル、いわゆる「毛周期」にあわせて施術を何度もおこなう必要があります。照射の割合は2ヶ月に1度くらい。繰り返し射出するうちに毛が細くなり、そのうち部位がツルツルになって脱毛終了。施術期間は数年になることも珍しくありません。

ちなみにサロンでもムダ毛のメラニン色素にアプローチする光線を用いますが、その出力が制限されているために、毛包は一時的に衰えるだけです。脱毛完了から数年も経過すると、毛はよみがえってしまいます。

その点、医療クリニックでは破壊力に優れたレーザー光線を使用するため、発毛機能がよみがえらない可能性が高くなっています。
つまり、いわゆる「永久脱毛」がおこなえるわけです。

3)機器を扱えるのは医師だけ

先のセクションでも記しましたが、サロンの脱毛方法はクリニックと共通する要素があるとは言え、扱われる光の種類が異なるためにレーザー脱毛とは呼べません。また威力に関する限り、レーザーとサロンの光線とは比べ物になりません。サロンの施術担当者に特別な資格が不要なのも、サロンの光線の出力が抑えられているからです。

一方、レーザー脱毛は身体組織を死滅させる光線を使うので、操作上のわずかな失敗でも重大なケガにつながりかねません。そのためマシンを扱えるのは、事故の際に対応できる医師に限られています。もちろん、火傷治療の可能な器具や設備もそろっているので、その点でも安心です。

医療脱毛のメリット&デメリット

メリット&デメリット

メリット

・脱毛機器を扱うのは医師なので、トラブルが発生してもすぐ対応できる
・永久脱毛がおこなえるので、毛が一生生えない可能性が高まる
・脱毛完了にかかる日数がサロンより短く、施術の回数も少なくてすむ

デメリット

・格安プラン&キャンペーンが多いサロンと比べると、料金が相当高め
・レーザー照射時の痛みが強いため、施術を避けたくなる
・レーザーの威力により、肌トラブル(炎症、毛膿炎など)が起きる怖れがある

クリニックと脱毛サロンの違いとは?

クリニックと脱毛サロンの違いを考える
これまでも少しだけ脱毛サロンとクリニックの違いを述べましたが、ここでいくつかの相違点を箇条書きにしてみます——

料金

脱毛が一般化する前からサロンは大きな広告を女性誌に載せていますが、そこには目立つ字で「格安のコースプラン」「今月の値下げキャンペーン」などと書かれています。これで分かる通り、サロンのメリットのひとつは、その施術コストの安さです。

一方、クリニックの場合、費用が大きくディスカウントされることは滅多にありません。

ここで、両方の料金がいくらくらいなのか、表にしてみましょう。

まずは脱毛サロンから。有名な大手サロン20社の公式サイトから、パーツごとの平均費用を算出してみたところ——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

となりました。

次に医療クリニックです。こちらも有名クリニック20院の平均料金を計算しました——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

こうすると、料金の差は一目瞭然です。特に違いの大きいのが顔脱毛で、クリニックの施術コストはサロンの3倍以上となっています。

効果

サロンとクリニックでは方式の異なる機器を使っているため、その効果にも大きな差が出ます。

現在、サロンでは4〜5種類の脱毛方法が使われていますが、その中で1番ポピュラーとされているのがIPL脱毛です(フラッシュ脱毛、光脱毛とも言われます)。

ワンショットで処理できる範囲が広く、背中、脚、腕といった部位にピッタリです。
照射出力も低いため、痛みも強くありません。

ほかには、クリプトンライトとジェルを使うSSC脱毛、バルジ領域を標的とするSHR脱毛などがありますが、どれもその効果には限りがあります。つまり、サロンの施術は発毛機能を一時的に衰えさせる「減毛」「抑毛」にすぎず、無毛状態になったとしてもその効果は数年しか継続しないのです。

一方、医療クリニックのレーザーは段違いのパワーを持っているため、脱毛完了後は毛がよみがえる可能性が低くなります。

保証

保証に関しては、脱毛サロンもクリニックも同じようなものです。

効果が出るまで何度でも通える「永久保証」、有効期限をある程度延ばせる「期間保証」、施術を中途で止める時に前払い金の一部を返してくれる「返金保証」などは、クリニックにもサロンにもあります。

ただ、条件・種類がクリニックごとに相当異なるので、公式サイトなどで事前にチェックしておきましょう。

その他

クリニックとサロンの違いに関して、支店(支院)の数は意外に重要です。

脱毛というのは一朝一夕ではすみません。部位が完璧に処理できるまでかなり日数がかかり、全身脱毛くらいになると、サロンやクリニックに数年間も通わなければなりません。

人によっては、その間に生活環境が一変してしまうこともあります。転勤・引っ越しがそのケースですが、新しい家の近くにクリニックの支院がないため、前払いした料金がムダになる人も出てきます。

部分的な脱毛ならまだ安めなのであきらめもつきますが、全身脱毛のプランだと前払い金も20万円を越えることが珍しくありません。転居後もそれを活かしたい、と考えるのは当然です。

有名サロンなら全国の街に多くの支店があるため、引っ越しても前払い金を活用できる可能性が高くなります。ところがクリニックは大規模経営をおこなっているところが少なく、転居後は脱毛できないケースが多いようです。

ということで、「よく引っ越しする」という人の場合、店舗数の多い有名サロンを選んだ方が得策と言えるでしょう。

クリニックの選び方 そのコツとは?

選び方のコツ

保証期間に気をつける

一旦施術をスタートすると、指定日数内に契約回数を完了させる必要があります。日数は部位によって違いますが、2〜3年というのが一般的です。中には5年というところもあるので、忙しい人はそちらにするといいでしょう。

リスクの説明は十分か?

クリニックでは出力の強いレーザーを使うので、そのリスクを事前に説明するのは医者側の義務です。公式サイトにそのリスクが明確に書かれているか確認しましょう。

料金が明確か?

料金設定が複雑なクリニックは、高い費用をごまかそうとしている可能性があります。トータルでいくらなのか、しっかりと書いてあるクリニックの方が安心できます。

医師の情報は明示されているか?

公式サイトに施術担当の医師の情報が書かれているか、事前に確認しておきましょう。情報を書いていないクリニックは、施術もいい加減な可能性があります。

医師がカウンセリングも担当しているか?

施術は医師がおこなうのに、カウンセリングについては看護師が代行するクリニックもあるようです。そんな態度は医師としての責任感に欠けるので、行かない方が無難です。

以上、医療クリニックでの脱毛の詳細、そして医院を選ぶ際の留意点などについて紹介してみました。いかがだったでしょうか。

クリニックについては、「施術料が高い」「レーザーの痛みが怖い」などの理由から、敬遠する人も少なくないでしょう。
ただ、その脱毛効果の高さは折り紙付きです。結果を重要視するなら、やはりクリニックがベストです。

どうかこれらの情報を参考に、自分に合った医療クリニックを探して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*