脱毛してもまた生える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛関係の記事や広告

永久脱毛は本当に「永久」なの?

脱毛関係の記事や広告で「永久脱毛」という言葉をよく目にします。

「永久脱毛をしたいのなら、サロンの光脱毛法では不可能です。医療クリニックでレーザー脱毛を行いましょう」

などという文章を読んだ人も多いでしょう。

「永久」とついているので、ほとんどの人は「死ぬまで毛が生えてこなくなること」だと勘違いすると思います。でも、実はレーザー脱毛を受けたところで、一生毛が生えないとは限らないのです。

日本では、美容界にしろ医療界にしろ、「永久脱毛」という言葉にはっきりした定義を下していません。一方、アメリカの電気脱毛協会というところでは、以下のように明確に意味を決めています——

「永久脱毛とは、施術から1ヶ月経過した時点で、毛の再生確率が20%以下であること」

これで分かる通り、「施術後ずっと毛が生えてこない」ということではありません。脱毛完了から一定期間経過した後も、ほとんどのムダ毛が生えてこない、という状態を指すだけです。

「何万円も払って契約したのに、脱毛完了後にまたムダ毛が復活するの?」と腹を立てる人もいるかもしれません。

ただ、もちろん全員のムダ毛が復活するわけではなく、また生えるかどうかは個人差があります。

そして、施術を受けた部位によっても復活の割合には差があり、剛毛の多いワキやデリケートゾーンは数年そのままという場合が多く、毛が細い腕などの部位は早めに復活してしまうようです。

ムダ毛の復活は残念ですが、それだけ毛根というのは再生能力が高く、毛を処理するというのは容易なことではないということです。

これは自然の摂理なので、施術の結果が無駄になっても、仕方がないとあきらめるしかありません。

熊谷の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*