メンズ脱毛サロン選びを成功させるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女性にとって、自分の容貌を美しく見せることは、一種の義務となっています。このことは容姿による差別につながるので腹を立てるフェミニストも多いのですが、現在の社会的な規範からすればやむを得ません。
もちろん化粧やオシャレなどを女性の特権と考えて、美をひたすら追求する女性もたくさんいます。

そんな美意識の高い人にとって、いつの間にか目につくムダ毛というのは憎むべき存在でしょう。必死になって自己処理をしている方も多いと思いますが、実はカミソリや毛抜き、あるいは除毛クリームによるムダ毛の手入れというのは肌に大きな負担をかけます。あまりに処理に熱心になっていると、埋没毛や色素沈着、それに皮膚の硬化などが起こって、ホゾをかむことになりかねません。

そこで大いに利用されているのが、プロの脱毛士のいるサロンや医療クリニックです。かつては目の玉の飛び出るくらいに高額だった施術料も現在ではかなり値下げされ、女子高生がバイト代でまかなえる価格になっています。

さらに脱毛の隆盛ぶりは女性ばかりでなく男性をも惹きつけ、密かに施術に通っている人も多いのだとか。

意外にも、日本で第一号のメンズサロンが開店したのは30年以上も昔、1986年のことです。最初はそれほど客足が伸びなかったのですが、21世紀に入ると男性の美意識も徐々に高まり、2011年以降は急激に店舗の数も増えています。

また、毛深い男性に嫌悪感を抱く女性が多いため、モテるためにもムダ毛を処分したいという男性もいます。ただ、そういう人は施術を希望していても、「サロンは女性が通う場所」というイメージがあり、ハードルの高さを感じているようです。

また「料金はいくら?」「施術の回数は?」「脱毛完了までどれくらい通う?」といった疑問が障害となり、いつまでも決断できずにグズグズしている男性も少なくありません。

そこで、そんな男性のためにこのページを作ってみました。メンズ脱毛サロンを特集し、そこで用いられている「光脱毛」の詳細、料金、痛みの有無、そしてサロン選びのコツなどについて紹介していきます。
一度脱毛にチャレンジしたい男性は、どうか参考になさってください。

光脱毛とはどんなものか?

光脱毛
「脱毛のイメージは?」と聞かれると顔をしかめて、「毛穴に針を突き刺して、毛根を焼いてしまうんでしょ」といまだに答える人がいます。

これは完全な間違い、とは言えません。実際に20年ほど前は、ほとんどの脱毛士が針状のプローブと呼ばれる電極をムダ毛の毛穴に挿入し、弱い電気を流すことで脱毛処理をおこなっていたのです。

この電極を用いた脱毛方法はセントルイスの眼科医が考案したもので、正式には「電気分解脱毛法」と呼ばれています。ずいぶん乱暴な方法に思えますが効果は高く、うまくいけば一生ムダ毛は生えてこないために全世界に普及しました。

日本でも「ニードル脱毛」「美容電気脱毛」と名付けられて人気のある脱毛方法となり、上に書いたような脱毛のイメージを生み出すことになったのです(現在でも医療クリニックの一部ではこの方法の施術がおこなわれています)。

ただこの方法は効果は抜群ながら、一本一本の毛を手作業で処理していくために脱毛士の負担が大きく、施術コストも相当かかります。
そのために施術を受けられるのは限られた客層に留まりました。

やがて、このニードル脱毛よりもっと能率的で料金の安い方法がアメリカで登場します。それがレーザー脱毛です。

この方法はレーザーの特性を利用してムダ毛を処理するというもので、細かい手作業が要らないという点で画期的でした。

やがて、この原理によって「光脱毛」という類似の脱毛方法が生み出され、現在のサロンで広く普及することになったのです。

光脱毛の種類

ここで光脱毛について、ちょっと説明してみます。

光脱毛では、通常の光とは違った特殊なライトが用いられます。ライトはムダ毛に当たると毛の成分のひとつであるメラニン色素に吸収され、熱へと変化。その影響で毛根の毛乳頭などの発毛器官がダメージを受け、毛の産生が止まります。

この施術を長期に渡って根気よく続けることで毛は確実に薄くなっていき、やがて部位がツルツルの状態になるのです。

光脱毛にもいくつか種類があり、今は次の4つが主に使われています——

「IPL方式」
「SSC方式」
「SHR方式」
「ハイパースキン法」

それぞれの方式の特徴を、簡単に説明しましょう。

最初に、IPL方式。これは「フラッシュ脱毛」とも呼ばれ、光脱毛の代名詞といっていい存在です。広帯域のインテンスパルスライトが肌に直接照射され、上で説明したような仕組みで毛根による発毛を防ぎます。

欠点は施術時に少々痛みがあること。ただチクリとする程度なので、よほど痛みに弱い人以外は問題にはなりません。

続いてSSC方式。「SSC」は”Smooth Skin Control”の頭文字を取ったものです。

この方式はIPLと違って、ライトと専用ジェルを併用します。

ジェルには、有効成分のつまったカプセル「トレジャービーンズ」が配合されています。ジェルを施術パーツに塗ってクリプトンライトを照射すると、カプセルの成分が毛根へと染み出していって脱毛をおこないます。

メインとなる有効成分が「フィリニーブ」。セイヨウシロヤナギ、イソフラボン、サリチル酸、メントールなどで構成され、抑毛効果のほかに保湿・炎症抑制効果も持っています。

脱毛効果を発揮するのはジェルの方なので、ライトは高温でなくても問題ありません。ですから痛みはきわめて軽微になります。

次にSHR方式。”Super Hair Removal”を略したもので、「蓄熱式」ともいわれます。

これまでの方式は毛根全体にダメージを与えていましたが、SHRは毛根の一部であるバルジ領域が標的になります(バルジというのは「ふくらみ」を意味します)。

このバルジ領域は毛球部に刺激を与えて毛を成長させています。つまり、バルジ領域の活動を弱めれば、ほかの器官にダメージを与えなくても脱毛できるわけです。

バルジ領域は毛球や毛乳頭よりも肌の表面に近い場所にあり、低い温度でも十分な損傷を与えられます。そのため、痛みが軽い施術が可能です。

最後にハイパースキン法。こちらは発毛因子にダメージを与えるため、メラニンの含有量が少ない毛でも処理できます。施術時の光線の温度は36度から38度ですから、痛みは全くありません。むしろ心地良いくらいです。ただ、ヒゲの脱毛には向いておらず、他のパーツしか施術できません。

レーザー脱毛と光脱毛を比較する

レーザー脱毛と光脱毛を比較する
サロンでは光脱毛が使われていますが、医療クリニックではレーザー脱毛がメインとなっています。この2つについて色々な点で比較してみましょう。

施術回数

光脱毛の施術回数、そして除去できる毛の割合は、次の通りです——

・6回  約50%
・12回 約80%
・18回 約95%

一方レーザー脱毛だと、5回か6回照射をおこなえば約95%の毛が除去可能です。

レーザー脱毛は光脱毛と原理的に変わりませんが、照射出力がケタ違いなので、施術回数は激減します。

「なぜすべての毛を一回の施術で脱毛できないの?」と思う人がいるかもしれません。それは、レーザーやIPLなどの光が肌の外に出ているムダ毛にしか反応しないためです。

毛には毛周期という発毛サイクルがあり、除去できるのは成長期のもの、つまり毛幹の毛だけです。他の毛は肌の下に隠れているため、施術するには成長期が来るまで待つ必要があります。そのため、レーザーのように威力の強い光でも、施術を何回もおこなわなければなりません。

料金

光脱毛の施術コストの平均相場は、以下の通りです——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・背中(上下)…71,600円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

一方、レーザー脱毛の平均相場は次のようになっています——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・背中(上下)…91,917円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

このように料金を比べると、サロンの光脱毛の方がかなり安くなっています。

痛み

光脱毛は、痛みに弱い人にもってこいの脱毛方法です。IPL方式ではちょっとチクチクしますが、他の方式だと痛みはほぼ感じられません。

もちろん、それだけ照射出力は制限されていて、効果が実感できるまでの施術日数は多くなります。

一方、レーザーはパワーが抜群なので、照射時はどうしても痛みがあります。
ただ脱毛効果は優秀ですから、この痛みは仕方ないともいえるでしょう(痛みに敏感な人には、笑気麻酔をかけてくれる医院もあります)。

ただ、その痛みは照射時に感じられるだけで、ずっと後を引くわけではありません。また施術によって毛が減少すると、それにつれて痛みは軽くなっていきます。

肌のケアの有無

サロンの場合、脱毛に加えて肌用のケアをやってくれるところが多く、店独自のジェルに様々な有効成分が配合されていたり、施術後の冷却に十分な時間をかけてくれたりします。

一方、レーザー脱毛だと医療機関ということもあってサロンほどのサービスは期待できません。術後の冷却もお座なりな場合があります。

心地よいサービスを求めるなら、サロンの方にすべきでしょう。

光脱毛&サロンの長所・短所

長所・短所

長所

・クリニックよりもはるかに料金が安い
・痛みが大変軽微で、特にハイパースキン法なら痛みを感じずにすむ
・色々な顧客サービスやケアを受けられる
・店舗の内装がキレイで気持ちよい

短所

・レーザー脱毛に比べ、施術終了まで日数がかかる
・メラニンの量が少ない産毛などは施術しにくい

サロン選びで注意したい点は?

注意したい点
メンズ脱毛サロン選びで注意したい点をいくつかあげてみます——

本当に客は男性オンリーなのか?

メンズ脱毛サロンというと、「やってくる客は男性だけ」と考えがちですが、実は男性がメイン、というだけで、女性でも施術を受け付ける店もあります。

わざわざメンズ脱毛サロンと契約した男性の中には、脱毛にやってきた姿を女性に見られたくないという人も多いでしょう。

それなのに、女性が客として店内にいる、というのは不快なものです。

施術にやってくる客が本当に男性だけなのかどうか、事前にサロンに聞いておきましょう。

施術にあたるのは男性スタッフか?

顧客が男性だけというサロンでも、必ず男性スタッフが施術にあたるとは限りません。店の中には女性脱毛士が機器を操作するところもあります。

「女性スタッフは避けたい」という男性も少なくないと思いますので、男性脱毛士を指名できるかどうか、あらかじめ調べておくべきです。

口コミサイトで店の施術技術を確認

これはメンズ脱毛サロンに限りませんが、店を選ぶ時は必ず口コミをネットで調べるべきです。

男性と女性の脱毛ではいくつか違いがありますが、特に大きいのが「施術の難しさ」です。

男性は男性ホルモンの分泌のせいで体毛が濃くなるため、女性と同じような施術では効果がなかなか出ません。

そのため機器の出力をアップする必要がありますが、これはベテランの脱毛士でないと難しいとされています。

つまり脱毛士の経験によって、効果の違いが出てくるわけです。

ただ、サロンの方ではスタッフの技量について明かしてはくれませんし、カウンセリングや公式サイトだけでは、どの脱毛士がベテランなのかは分かりません。

こんな時に口コミサイトなら、実際に施術を受けた客が経験談を寄せているので参考になります。

店舗側のサービスは?

サロンで全身脱毛のような大掛かりなプランを選ぶと、最低2年は施術に通う必要があります。

それだけ施術回数も多くなりますが、もしスタッフの対応が悪いと、気持ち良く施術を受けることはできません。

どれだけ費用が安くても、サービスが不満だらけなら中途解約したくなるでしょう。

解約という結果にならないためにも、サロンのサービスについてネットで調べておきましょう。

以上、脱毛希望の男性のために、メンズ脱毛サロンの色々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

現在、脱毛ブームということでサロンの数が多く、生存競争が激しくなっています。キャンペーンもよく実施されているので、公式サイトなどをマメにチェックするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*