不安をなくして腕脱毛を受けてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不安をなくして腕脱毛を受けてみよう

腕は人目につきやすいと同時に、ムダ毛が多く繁茂している部位でもあります。

腕は細かくいうと「ヒジ上」「ヒジ下」「ヒジ」というパーツに分かれるのですが、この中でもヒジ下には、太めの毛が全身の中でもかなり多く生えています。

ヒジ上には細い毛が生えていますが、目立つという点ではヒジ上をしのぐかもしれません。

そしてヒジは毛が密集することはないものの、時々剛毛がヒョッコリと伸びることがあります。

これらの毛の伸びるスピードはそれほど早くはないのですが、自己処理を怠っていると肌にあたってチクチクして、邪魔っけな存在になります。

イライラしないためにも自己処理は欠かせません。ただその作業はかなり大変で、「面倒臭いから、思い切ってサロンやクリニックで脱毛しようか」と考える人も多いでしょう。

ただ、そういう店や専門医院と無縁だった女性にとって、脱毛の施術を受けるというのは結構ハードルが高いものです。

「脱毛が終わるまで何回通う必要がある?」
「施術完了までの日数は?」
「痛みが伴うと聞いたけど?」
「料金は全体でいくらかかる?」

結局、こういった疑問のせいでやる気がなくなり、脱毛せずに自己処理を続ける、という女性が多いようです。

そこでこのページでは腕脱毛の特徴や料金、そしてサロンとクリニックの選び方について説明してみることにしました。

以下に述べる知識が、腕毛で悩んでいる女性の一助になれば幸いです。

自己処理用の道具・器具のメリットとデメリット

最近は脱毛がちょっとしたブームです。以前より料金がはるかに安くなり、未経験者も気軽に脱毛できるようになりました。

それでも「ムダ毛の処理にお金を出すなんてもったいない。自分でやればいい」と思っている女性も多いかも知れません。

でも、肌へどれだけ負担がかかっているかを考えると、自己処理はやはりやめた方が無難です。

自己処理で使用される道具・器具とその長所・欠点を一覧にしてみると——

カミソリ

・長所……使いやすい。短時間でムダ毛を剃ることが出来る
・欠点……角質がそぎ取られ、肌の防御機能が低下する

毛抜き

・長所……毛根ごと抜くために見た目がキレイになる
・欠点……毛穴の負担が大きく、肌トラブルを招きがち

除毛クリーム

・長所……塗って拭くだけなので簡単。広い部位もすぐにツルツルになる
・欠点……刺激が強いため、炎症を起こしやすい。ニオイが強い

電気シェーバー

・長所……肌への刺激が少なく、場所を選ばずに処理できる
・欠点……剃り残しが多く、どうしてもチクチク感がある

となります。

この中では、最もいいのが電気シェーバー。肌への刺激が最小限ですみます。
ただ短い毛が残ることが多く、太い毛質の人だと毛穴のブツブツが目立ってしまいます。

その他のカミソリ、毛抜き、除毛クリームは肌への刺激が強く、継続して使っていくと肌の状態を悪化させます。

やはり肌の美しさをキープしたいなら自己処理はやめ、サロンやクリニックで脱毛することをおすすめします。

腕脱毛することでどのようなメリットがあるの?

サロンやクリニックで脱毛してもらうと、どんなメリットが得られるのでしょうか?

1.オシャレする時もムダ毛を気にかける必要がなくなる

腕は暑い季節でなくても露出する場合があり、そこに生えたムダ毛にも他人の目が向けられがちです。
「面倒くさくてムダ毛処理をサボっていると、腕まくりした時に軽蔑するような目で見られた」という女性もいるかも知れません。

そんな目にあわないためには自己処理を続けなければなりませんが、サロンやクリニックで脱毛すればそれも不要に。
他人の視線を気にせずに好きなファッションを思う存分楽しめます。

2.時間と手間のかかる自己処理から解放される

腕のムダ毛は視界に入りやすいものです。神経質になってカミソリや毛抜きなどで2、3日置きに処理している女性もいるようですが、脱毛をすればそんな手間のかかる作業から解放されます。

3.脱毛とともに肌のケアもできる

カミソリなどのムダ毛処理製品を使用しているせいで、肌トラブル(肌荒れ、埋もれ毛、色素沈着)を起こしている人も少なくありません。

サロンで施術してもらえば、IPLという光の作用によってそれらの症状のケアが期待できる上に、保湿効果のあるアフターケアも受けられます。
脱毛とともに、肌そのものが美しくなっていくでしょう。

4.肌の触り心地がこれまで以上に良くなる

自己処理をなまけるとすぐにムダ毛が成長し、触り心地もチクチクして不快になります。

脱毛すればそれらの毛が毛根から処理されるため、ツルツルでなめらかな触り心地になります。

腕脱毛の平均費用はいくらぐらい?

腕脱毛しようかと考えた際、真っ先に心配になるのがその費用でしょう。

今、腕脱毛の料金はどれくらいなのでしょうか? 
大手サロンやクリニックのHPでその料金をチェックし、その平均を算出してみました。

その結果、サロンは——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックは——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という金額に。

この数字で判断すれば、サロンで施術を受けるのが金額的にはお得なわけですが、クリニックも意味もなく高額な施術料を取っているわけではありません。
やはりそれだけのメリットはあります。

サロンとクリニックの差については、この後の文章で紹介していますから、そちらを参考にして下さい。

現在の脱毛はどんな風におこなわれているの?

脱毛は古代オリエント時代にまでさかのぼると言われています。
やがて産業革命を経て近代に至ると、最新科学の成果を取り入れた技術が用いられるようになりました。

その中で一般に普及したのが「ニードル脱毛」(あるいは「美容電気脱毛」)という方法。
特殊な電気針をひとつひとつの毛穴に突き刺し、毛根にダメージを与える、というものです。

この方法は発毛を防ぐという点では優れているのですが、何しろ針を使うのでかなりの痛みを伴います。それに時間と手間がかかることもあって現在は廃れてしまいました。

代わって主流となったのが、レーザー技術を用いた方法。
光を肌の奥で熱エネルギーに変え、発毛組織に損傷を及ぼします。

サロンにおいては、IPL(インテンスパルスライト)による「フラッシュ脱毛」が最もポピュラーです。このIPLは高熱の力で毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部などを弱体化します。

IPLはパワーが抑制されているので、脱毛終了までかなりの期間かかってしまいます。ただ、料金はその分安く、痛みも軽くてすむ、というメリットもあります。

そして、クリニックの方でもっぱら使われているのがレーザー脱毛。波長の異なる様々なレーザー光(アレキサンドラライト、ダイオード、YAGなど)を当てますが、いずれもパワーが強く、発毛組織を死滅させることができます。

痛みが強いというデメリットはありますが、脱毛を短期間で終わらせたい人にはピッタリです。

サロンとクリニックはどう違う?

脱毛する際はサロンとクリニックのどちらかに通うわけですが、この2つにはどんな違いがあるのでしょうか?

それぞれの特徴をあげてみると——

脱毛サロン

・施術では「フラッシュ脱毛」を用いる
・抑毛、あるいは減毛の効果をあげる
・施術料金は安い

医療クリニック

・施術では主に「レーザー脱毛」を用いる
・永久脱毛が可能
・施術料金は高い

となります。

さらに、クリニックに関しては——

・施術パーツによってはサロンよりも安い場合がある
・医師資格のあるスタッフが施術する

などの特徴もあります。

これらを見ると「料金は高いけれど、永久脱毛が可能なクリニックがいい」という人が多いかもしれません。

ただ、「近くに脱毛クリニックがないのでサロンしか行けない」という地方在住の人もいるでしょう。

でも落胆することはありません。サロンの中には、脱毛完了後も施術可能なコースを用意しているところがあります。これなら永久脱毛と同じです。

また、薄毛だとサロンの脱毛で十分なので、わざわざクリニックに行く必要はありません。

なぜ脱毛には時間がかかるのか?

腕脱毛が終わるまでの施術の回数、及び期間はどれくらいでしょう?

一応の目安は——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

となっています。

なぜこんなに手間と時間がかかるのでしょうか? それには毛周期というものが関わっています。

毛は「成長期」「退行期」「休止期」という3つの時期を繰り返しながら古いものから新しいものへ変わっていくのですが、毛周期はそのサイクルを指す専門用語です。

腕の毛の場合も、表面に出ているものはこの3つの時期のうちのどれかで、施術をおこなった場合に効果があるのは成長期の毛に限っています。

退行期と休止期の場合、毛は毛根から離れてしまっているため、いくら光を照射しても毛根にダメージを与えることができません。

ですから成長期の毛を処理しない限り、ムダ毛は毛根の機能によっていくら抜けたとしても再び伸び始めてしまうわけです。

サロンもクリニックも、この周期に合わせた施術を2〜3ヶ月に1回のペースでおこなう必要があるので、脱毛にかかる期間がとても長くなります。

医療クリニックの場合は、サロンと比較するとトータルの施術回数は少なくてすみますが、それでも1年ほど通い続けることが必要です。

利用者によっては1年もしないうちに施術箇所がツルツルになったという人もいますが、それも一時的なもので、退行期と休止期を経て成長期を迎えるころになると、再び毛が生えてくることがしばしばです。

毛の太さなどによっても当然個人差はありますが、とにかく長期間の施術は覚悟しておきましょう。

腕脱毛でおすすめのサロンとクリニックはどこ?

腕脱毛にピッタリのサロンとクリニックを、それぞれあげてみます。

まずはサロンから——

ミュゼ

常にキャンペーンや新規特別価格などのディスカウントをおこなっているミュゼ。顧客数は現在330万人を越えるといいます。

また、店舗数、売上、満足度も業界のNo.1。電車などでその広告を見かけた人も多いでしょう。

ミュゼでは腕脱毛をうたったプランはありませんが、「フリーセレクト美容脱毛コース」の「Lパーツ」を選ぶことで、効率良く腕を脱毛できます。

これは腕、脚といった面積の大きい、目立つ部位をターゲットにしたプラン。
9つの部位から好きなところを選び、契約した回数をその部位内で振り分けて施術できます。

また、全身脱毛コースの利用によりさらにディスカウントが可能なので、腕以外の脱毛も考えているのなら他の部位と組み合わせて利用する方がお得かもしれません。

さらにイタリアのDEKA社が開発したSSC(スムース・スキン・コントロール)脱毛機を導入しているのも特徴のひとつ。

この方式は専用のジェルとクリプトンライトの組み合わせで脱毛効果を得るもので、光の照射パワーは従来のIPLよりもはるかに低いため、施術時の痛みがほとんどありません。

照射時の痛みがイヤで脱毛を避けていた人でも、ミュゼなら安心して施術が受けられます。

次にお勧めのクリニックは——

湘南美容クリニック

脱毛クリニックの中でも湘南美容クリニックは特別に有名でしょう。テレビCMを盛んに流しているので、脱毛に興味がなくても名前を聞いたことのある人は多いはずです。

ここで腕脱毛をする人は、Lパーツの「両ヒジ上」と「両ヒジ下」を選ぶことが多いようです。

この時におすすめなのは、「ポイントカード会員」や「プラチナカード会員」になること。これで料金が3%〜5%オフになるため、年会費1万円を支払ってもお得です。

また、「手足スッキリセット」というコースも設けられており、こちらを選ぶと計4箇所(ヒジ上、ヒジ下、ヒザ上、ヒザ下)の脱毛を受けることができます。

ちなみに湘南美容クリニックで特筆すべきなのは、施術にタイムリミットがない点。

ほとんどの医療クリニックでは施術の有効期限が決められていて、契約から1年ほどで施術が不可となり、あらかじめ払った費用がムダになってしまいます。

湘南美容外科クリニックではこの有効期限が設けられていません。契約した回数分だけ必ず施術することができます。

以上、いかがだったでしょうか? 腕脱毛に関する初心者向けの情報、さらにおすすめのサロンとクリニックを紹介してみました。

ぜひこのページの情報を参考にしながら、自分に向いたサロンやクリニックを探してみて下さい。
脱毛によって刺激の強い自己処理が不要となり、肌がこれまで以上に美しくなるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*