埋没毛ができる原因とレーザー脱毛による埋没毛の処理の特徴について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、脱毛テープや脱毛ワックスによって毛を抜くことで皮膚を傷つけることで出来やすいです。

また、毛抜きも肌に刺激を与えることになるので、自己処理で毛を抜くことで毛が出てこれなくなるため、皮膚の中で毛が成長することになります。

そのため、自己処理によって無駄毛を処理する際は、毛を抜くことを意識しないことが埋没毛の対策に繋がります。

ちなみに、埋没毛が出来ている状態で脱毛テープや脱毛ワックスで毛を抜くと、埋没毛をさらに進行させることになります。

なぜなら、同じ箇所の毛を抜くことで埋没毛を悪化させることにより、肌が炎症を起こしてニキビやできるからです。

その上、肌が色素沈着を起こすことで黒ずみができるので、肌のトラブルに悩まされることになります。

レーザー脱毛を施してもらうのがお勧め

毛抜きによる自己処理で改善できない埋没毛はクリニックに行ってレーザー脱毛を施してもらうのがお勧めの処理方法となります。

レーザー脱毛は、埋没毛があっても受けることができるだけでなく、毛嚢炎や色素沈着を治療することもできます。

よって、レーザー脱毛を受けることで肌のトラブルに追われずに埋没毛を処理することが可能となります。

けれども、レーザー脱毛は肌が弱い人だと痛みを感じやすい上に、脇やデリケートゾーンの埋没毛の処理だと強い痛みを感じることになります。

とはいえ、レーザー脱毛は埋没毛をすぐに処理できるだけでなく、無駄毛を処理することができます。

そのため、クリニックで受けられるレーザー脱毛は、埋没毛と無駄毛の処理を同時に施したい人にお勧めの方法となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*