ワキガの原因と脱毛でワキガの臭いを改善できる理屈について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキガの原因について

ワキガが気になる女性
ワキガは、脇の毛穴に老廃物が溜まるほど臭いがキツくなります。

なぜなら、アポクリン腺から出る汗が脇の毛穴につくだけでなく、脇の毛穴に異物が入り込むことでワキガの原因となる臭いを放つからです。

そのため、脇の手入れを毎日欠かさず行うことで、ワキガの原因を招かずに済みます。

脱毛でワキガは治るのか

脱毛を受けることでアポクリン腺に熱によるダメージを与えて、脇汗を減らす方法もあります。
脇汗は、アポクリン腺から出る汗が少なくなるほどワキガの臭いを抑えれます。

さらに、脇の下にはリンパが集中しているので熱を帯びやすいだけでなく、脇は体温調節の役割をこなします。

他にも、脇にはアポクリン腺とエクリン汗腺があるので、汗をかきやすい部位になります。

なので、脱毛することで脇汗を減らすことは、熱による影響をアポクリン腺に与えるだけでなくワキガの臭いを改善するのにも繋がります。

また、脇毛が多いほど脇の肌の温度が保たれるので、脇毛の量が増しますが脱毛を施すことで脇毛を生えにくくできます。

なぜなら、脱毛は可視光線を肌に直接照射して毛根部分を破壊するからです。

そのため、脱毛によってワキガの原因となるアポクリン腺の汗を減らしつつ、脇の状態を清潔に保つことが可能となります。

ちなみに、脱毛はエクリン汗腺から出る汗の量を増やすこともありますが、エクリン汗腺の汗に含まれる成分は水分が殆どです。

よって、脱毛を受けた後に汗をかく量が増えても脇から出る汗の量が減ることで、汗臭いだけとなりワキガの臭いを改善できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*